結婚式でのご祝儀の相場や平均額はどの程度か?

 

披露宴ではご祝儀を包むことが日本では一般的です。

しかし新郎新婦との関係性などによって、また地域によってご祝儀を包む金額には違いがあって、いざ参加となっても迷うことは多いものです。

 

結婚式でのご祝儀の平均額

 

どの人でもいえることですが、結婚式ではお祝いごとということで2で割れる数字の金額にはしないようになっています。

たとえば2万円などがこれに該当して不謹慎といわれますので、奇数の金額にするようにしましょう。

 

  • 兄弟        5万円
  • 叔父・叔母     5万円
  • その他の親族    3万円
  • 夫婦で参加するとき 2人で合計して5万円
  • 友人や知人     3万円
  • 会社関係者     3万円

 

上記の兄弟、叔父叔母などは新郎新婦から見ての関係です。

だいたいの相場としてはこのような金額となっています。

基本的には新郎新婦との関係によって上記のように金額が決まってきます。

関係が近いほうがご祝儀の金額は高くなり、遠くなれば3万円という感じです。

会社の直接の上司でも3万ということが一番多いようです。

上記の水準以上であれば問題ないということで、普段から関係が深い場合にはたとえば7万円などより多く包むということを行っても構いません。

また8万円、10万円など偶数ではありますが、このような縁起の良い数字であれば包んでも不謹慎ではないとされます。

 

3万円よりも低い金額のご祝儀は非常識か?

 

昔はもっと上記のご祝儀の相場は高かったといわれています。

しかし最近は経済的な理由からか3万円ではなく、1~2万円をご祝儀として包む人もいるようです。

結論からいえば非常識といって良いわけですが、個人的にはどうしてもお金がないという場合には事情を話して招待を断るという勇気も必要だと思います。

下手に2万円などを包んで参加するよりも欠席にしたほうがまだ今後の関係性はましではないかと思います。

ご祝儀とはもともと新郎新婦の結婚式の運営費用を合わせるというような経理のような考え方で決めるものではないですが、2万円などとなれば後々まで新郎新婦は覚えているものです。

 

参照

女性には結婚式を機に終わる女友達もいる

結婚式で欠席の返信で落ち込まない方法

 

ご祝儀と招待客一人あたりの単価

 

新郎新婦もやはり人間ですから、結婚式の一人あたりの単価というものは意識しています。

会社の損益分岐点ではないですが、1~2万といったご祝儀ではどうしてもこの単価と比較していろいろと内心で思うことがあるものです。

招待客の人数ごとに新郎新婦の持ち出し額が変わってきますが、一生に一度とはいえその出費は小さいものではありません。

しかもご祝儀の金額が相場よりも小さくなる人がいればその想定も大きく狂ってきます。

 

参照

結婚式費用の相場を招待客の人数ごとに検証してみた

 

まず相場以下のご祝儀で参加するという場合には、かなりの確率でその後の新郎新婦との関係性は冷えると考えて良いでしょう。

そのため相場以下のご祝儀でも参加するという場合にはくれぐれもよく考えて参加か欠席かを検討するようにしてください。

結婚式の準備で役に立つサイト

ゼクシィ広告


ブライダル業界では大手であるゼクシィが運営しているサイトです。
全国の式場から検索ができます。
予約まで行えば10,000円の商品券の特典があります。
⇒ ゼクシィはこちらから



ゼクシィ ブライダルリング


やはりゼクシィが運営するブライダルリングサイトです。
一気に多くの指輪ブランドを見ることができます。
来店予約してから訪問するので、混雑とは無縁に指輪を見ることができます。
⇒ ゼクシィ(ブライダルリング)の評価はこちらから


スポンサード リンク


結婚式って高いとあきらめていませんか?


結婚式って高いとあきらめていませんか?