二次会の会費の平均額や相場はどの程度か?

 

結婚式では同日にそのまま披露宴の後に二次会をすることが多いといえます。

しかし招待客に参加してもらいやすい二次会の会費というものがあって、多くの場合にはその相場を超えた出費となっていると思います。

 

二次会の会費の平均は?

 

二次会の会費は

 

8000円~9000円

 

といったところだと思います。

あまり比較することではないかもしれませんが、一般の飲み会などが5000円程度が相場といわれますが、それと比較すれば高めといって良いと思います。

 

二次会の会費と招待客の感じ方

 

披露宴とそのまま二次会に参加している人も出てくると思いますが、その場合

 

  • ご祝儀 約3万円
  • 会費  8000円

 

となり、一日でかなりの出費となってきます。

カップルによっては披露宴を欠席されたり、二次会に欠席されたりといったことはあると思いますが、やはりこの出費の負担感も1つ原因としてあるのではないかと思います。

ご祝儀のほうは仕方がないとしても、二次会の会費についてはできれば5000円以下に抑えるとかなり参加しやすくなると思います。

 

二次会の出費を抑える方法

 

幹事がいてくれるというカップルも多いのですが、やはり二次会の会場選びは新郎新婦で行うほうが良いと思います。

上記のように二次会の会費といった金銭的な問題もありますし、招待客に会費が高いと思われないように自分たちで責任を持って参加しやすい会場を選択していきましょう。

ポイントとしては

 

  • 披露宴会場に近いところ
  • 貸切にできるところ
  • 静かな雰囲気で話もちゃんとできるところ
  • お酒も飲めて食事も期待できるところ

 

このようなところを会場として探していきます。

そして最後に会費が5000円以下に抑えることができるところです。

この金額だとそう簡単に二次会の会場は見つからないということもあるかもしれませんが、

 

  • 飲み放題にはしない
  • レストランのグレードも少し下げる
  • 二次会の余興などを省略する

 

などといった方法で二次会の会費を5000円以内に抑えることができます。

あと詳しくは以下のページでまとめていますので参考にしてみてください。

 

参照

二次会の準備と4つの費用の節約方法

 

二次会の会費の平均に甘えない

 

上記のように平均が8000円超なら8000円を超えても問題ないだろうと思うこともあるかもしれません。

また結婚式は一生に一度だから少しくらい出費が大きくなっても許されるだろうと考えるかもしれません。

しかし新郎新婦にとってはそうでも、招待客からすれば所詮は他人の結婚式にしか過ぎません。

二次会の会費の平均額に甘えずに会費を落とす努力はしていくほうが良いのではないかと思います。

また

 

  • 幹事や司会は会費を無料にする
  • 受付などは半額にする

 

といったルールもありますので、お礼に必ず会費では優遇するようにしましょう。

 

参照

二次会の幹事の役割はどこまでにするべきか?

二次会の幹事は誰にしてもらうべきか?その性格と関係性

結婚式の準備で役に立つサイト

ゼクシィ広告


ブライダル業界では大手であるゼクシィが運営しているサイトです。
全国の式場から検索ができます。
予約まで行えば10,000円の商品券の特典があります。
⇒ ゼクシィはこちらから



ゼクシィ ブライダルリング


やはりゼクシィが運営するブライダルリングサイトです。
一気に多くの指輪ブランドを見ることができます。
来店予約してから訪問するので、混雑とは無縁に指輪を見ることができます。
⇒ ゼクシィ(ブライダルリング)の評価はこちらから


スポンサード リンク


結婚式って高いとあきらめていませんか?


結婚式って高いとあきらめていませんか?