二次会の幹事は誰にしてもらうべきか?その性格と関係性

 

二次会の幹事を探すことに苦労するカップルも多いのですが、それとともに任されたほうも何をすれば良いのか、また自分でもできるのかということは不安になる人も多いようです。

幹事というイメージで明るく頭も良くないとできないという感じもしますが、実際のところ何をしていきどのようなことができれば任務を果たせるのか案外整理されていないように思います。

まずは幹事のするべきことから押さえておきましょう。

 

二次会の幹事は何人必要か?

 

新郎新婦からそれぞれ1人ずつ用意するということが多いのが一般的です。

しかし実際には幹事選びでさえ苦労することも多く、幹事が複数人用意できるのはかなり贅沢な体制といって良いでしょう。

そのため幹事は最低1人でも構いません。

新郎新婦が幹事を1人ずつ用意するというのは、幹事側と新婦側それぞれの参加者の人柄や好きなことを把握しやすく、そのため当日のプログラムなどの企画がやりやすいという理由からです。

新郎新婦も適度に協力をして情報提供もできれば、特に幹事は複数必要ということもありません。

 

参照

二次会の幹事がいないので自分たちで運営をしたい

 

二次会で幹事が行うべきこととは?

 

  • 二次会の準備
  • 二次会当日の運営

 

と大きく分ければこの2種類といって良いと思います。

ただし二次会の準備については会場の予算、披露宴との距離感といった結婚式とも関係してくるので幹事ではなく新郎新婦が行うことが多いと思います。

また会場予約などは前金の支払いも必要となってきますので、幹事任せにしないほうが良いと思います。

 

参照

二次会の幹事の役割はどこまでにするべきか?

 

そのため大きくいえば当日の運営について幹事の活躍のしどころといって良いと思います。

しかし別に

 

  • 受付
  • 司会

 

というように他のスタッフもいますので、案外幹事が行うことは多くありません。

受付が会費集めを、司会がプログラム進行を行いますのでその残りを幹事がすることになります。

 

  • 余興やゲームの企画
  • その景品の購入
  • その他プログラムの企画

 

これらが主な幹事の役割といって良いと思います。

 

幹事に必要な資質とは?

 

幹事の役割を見ればわかりますが、まず必要なことは

 

企画力

 

といって良いでしょう。

余興やゲームの企画はやったことがないと案外困るもので、書籍を見ながら二次会で盛り上がる余興などを考えても良いのですが、当日の招待客の人たちを思い出しながら何が良いのかと考えていきます。

できれば

 

  • 学生時代から企画の才能があった
  • 人を喜ばせるのが好き
  • 面白いことを考えるのが好き
  • クラスの人気者だった
  • ムードメーカーだった

 

などの特徴を持った人だと適任といえます。

仕事関係で大勢の人を接待しているような経験があればなお良いでしょう。

 

幹事に役割を増やす場合に必要な資質

 

その他冒頭であまり任せるべきではないとしましたが、

 

  • 二次会の会場選び
  • 司会

 

も合わせてお願いするという場合には、より資質が必要となってきます。

会場選びなどでは金銭も関係してくるので新郎新婦との信頼関係があることや、また新郎新婦と情報のやり取りがスムーズに行くこと(独断で勝手にいろいろと決めない人など)も必要な資質となってきます。

司会という場合には、臨機に会場の空気を見ながら対応できるような頭の良さや空気を読む力もあると良いと思います。

また大勢を相手にプレゼンを仕事でよくしているような人も適任といえます。

 

二次会に過度に役割を任せるのは危険

 

しかし基本的には新郎新婦の結婚式の一環で二次会を行います。

ですので幹事にまかせっきりというのは幹事とのトラブルになることもあります。

二次会でも幹事とよく話し合いをして、ときには自分たちも参加して準備をするということが必要な姿勢といえます。

特に何でも幹事に任せて、あとから批判をして企画を変更するというのは最低の行為で高い確率で幹事から人間性を疑われることになります。

個人的には上記でも記載をしましたが、会場選びや予約などはお金も関係してくるので新郎新婦自身が行ったほうが良いと思います。

結婚式の準備で役に立つサイト

ゼクシィ広告


ブライダル業界では大手であるゼクシィが運営しているサイトです。
全国の式場から検索ができます。
予約まで行えば10,000円の商品券の特典があります。
⇒ ゼクシィはこちらから



ゼクシィ ブライダルリング


やはりゼクシィが運営するブライダルリングサイトです。
一気に多くの指輪ブランドを見ることができます。
来店予約してから訪問するので、混雑とは無縁に指輪を見ることができます。
⇒ ゼクシィ(ブライダルリング)の評価はこちらから


スポンサード リンク


結婚式って高いとあきらめていませんか?


結婚式って高いとあきらめていませんか?