結婚式で受付を依頼する人がいないときの対応方法

 

結婚式では何人かのスタッフに協力してもらうことが必要となってきます。

その中でも受付というのはご祝儀を預るということでお金の管理をしなければいけないということで責任の思いスタッフといえます。

基本的にはお金関係のことなので親族や親戚に依頼することが無難です。

友人などに頼んではいけないということはないですが、もし紛失などがあった場合に新郎新婦も嫌ですし、友人も責任を取れないとか取らされるということで微妙な問題になることもあります。

しかし理想である親戚や親族がいなくて受付を依頼できる人がどうしてもいないということもあります。

 

参照

結婚式の協力スタッフを選ぶポイント

 

このような場合にはどうすれば良いでしょうか?

 

結婚式の受付は何人必要?

 

受付ということで主な役割としては

 

  • 芳名帳に記載をしてもらう
  • ご祝儀を預かる

 

というものとなります。

作業的には1人でも十分かもしれませんが、2人など複数いたほうが無難は無難です。

というのも1人だとご祝儀を紛失しやすくもありますし、また紛失したときに紛失の場面を見れていないなど問題も出てくることが多いからです。

たとえばあまり良い例ではないですが、1人がご祝儀をポケットに入れてしまったときにもう1人がそれを目撃していたなら後で対処もすることもできます。

しかし1人で担当していれば証拠も目撃もおそらくないでしょうからややこしい問題となることもあります。

また単純に作業分担ができるので招待客に受付のところで待たせないで良くなるといった利便性の問題もあるでしょう。

そのため個人的には2人、お金のことで信頼できる人ということであれば1人というような方針が良いと思います。

目安としては

 

  • 招待客70人超  受付2人は最低必要
  • 招待客100人超   受付4人程度は必要

 

というように言われています。

 

受付は新郎新婦でそれぞれバランス良く手配する?

 

まれに言われることですが、たとえば

 

  • 新郎側の受付2人
  • 新婦側の受付2人

 

などバランス良く同人数ずつ手配しなければいけないということも言われます。

結婚式では招待客の人数などバランス、バランスとよく言われますが、この受付の人数もそこまで気にする必要はありません。

たとえば、新郎側1人で新婦側が3人などでも特にしきたり的にもおかしくはないですし、実際に新婦側だけで4人で担当してもらうといったこともよくあります。

 

参照

新郎新婦の招待客の人数にどうしても大きな差がついてしまう

 

式場に依頼しても良いのか?

 

基本的には友人や親族などから担当してもらう人を探すほうが無難です。

しかしそれも難しいという場合には式場のスタッフに依頼したいというカップルもいました。

式場によっては頼めばしてもらえるかもしれませんが、基本的には断られることのほうが多いのではないかと思います。

というのも冒頭でも記載をしましたが、やはりお金を扱うスタッフなので紛失時に責任が取れないといった事情があるからです。

そのため式場に声をかけても良いのですが、あまり期待をしないほうが良いのではないかと思います。

私の知っている式場では有料で受付を引き受けるというところが1つありました。

無料ではないかもしれませんが条件つきで引き受けてくれるところもあるかもしれません。

 

一般的な受付がいない場合の対応方法

 

上記のように式場スタッフにも頼めないことがほとんどということで基本的には

 

  • 親族、親戚
  • 友人

 

といった人に頼むということが採用されることが多い方法といえます。

たとえば招待客に中ですでに参加するようになっている人の中で頼むということになります。

受付を担当すれば披露宴に参加できないということはありません。

受付をした後に披露宴には出席できますので、どうしても頼める人がいないという事情を話して何とか担当してもらえるように話していきましょう。

あとは心づけもしっかりと相場に沿って渡すようにしましょう。

一般的には3000円から5000円程度包むことが多いといわれていますが、無理をいっているので多少上乗せして包むことも非礼を避ける意味では重要なことではあります。

 

参照

心づけとお車代の相場と渡すべき相手のリスト

結婚式の準備で役に立つサイト

ゼクシィ広告


ブライダル業界では大手であるゼクシィが運営しているサイトです。
全国の式場から検索ができます。
予約まで行えば10,000円の商品券の特典があります。
⇒ ゼクシィはこちらから



ゼクシィ ブライダルリング


やはりゼクシィが運営するブライダルリングサイトです。
一気に多くの指輪ブランドを見ることができます。
来店予約してから訪問するので、混雑とは無縁に指輪を見ることができます。
⇒ ゼクシィ(ブライダルリング)の評価はこちらから


スポンサード リンク


結婚式って高いとあきらめていませんか?


結婚式って高いとあきらめていませんか?