結婚式で受けるご祝儀は誰のものか?

 

通常結婚式ではご祝儀を受け、そのお返しに引き出物や引き菓子などを贈るということが多いと思います。

しかしあまりあってはいけないことかもしれませんが、このご祝儀を誰がどれだけ受け取るべきかで親や新郎新婦間などでトラブルになることもあります。

 

ご祝儀は誰のものか?

 

ご祝儀にはあて先は書かないのが普通です。

 

  • 寿
  • 差出人

 

とだけを記載します。

あて先はたしかにないわけですが、一般的には新郎新婦があて先となります。

つまりご祝儀は新郎新婦のものと考えて良いと思います。

 

ご祝儀と受付後の保管担当

 

結婚式当日新郎新婦はかなり忙しいですし、体力的にも余裕はありません。

ご祝儀についても協力スタッフ、たとえば受付に受け取ってもらって保管お依頼することになります。

披露宴が終わっても二次会などもあれば新郎新婦がご祝儀を保管することは少ないかもしれません。

多くの場合、受付などを含めた親族や親などの比較的新郎新婦に近い人にご祝儀の管理は任せることになります。

当然普通は親族ですから特にトラブルはないわけですが、ごくまれにこの後ご祝儀に異変が起こることもあります。

二次会も終えて新郎新婦がその親族の元に行くと

 

  • ご祝儀袋が開封されていて裸でご祝儀を渡される
  • ご祝儀の一部を渡すように言われる
  • 今まで養育してきた恩返しとしてご祝儀の一部を収めるように言われる
  • ご祝儀はもともと親のものだと言われる

 

など要するにご祝儀の所有についていろいろとトラブルになることもあります。

ご祝儀も招待客数によっては100万円を超えていることも多いので、大金を前に親族の態度も変わるというところもあるのでしょう。

まさかと思う人もいますが、実際に似たような話は何度か聞いています。

 

結婚は親との関係も清算?

 

もともと

 

「結婚式は人間関係の清算の場」

 

ともいわれますが、今回のようなケースでは親や親族との関係ですからかなりショックなことです。

ケースによっては相手の親との関係が清算されることもありますが、冒頭に記載しましたように

 

「ご祝儀とは新郎新婦のもの」

 

で間違いはないので、ご祝儀もあくどく搾取するような親とはその後の付き合いも考えていかないといけないこともあるでしょう。

今まで育ててもらったというところもあるのでその部分には感謝せざるを得ませんが、ある意味で今回のご祝儀事件はその恩返しの1つと考え、今後は付き合いを薄くするということも無理のないことではないでしょうか?

 

ご祝儀は新郎と新婦どちらのものか?

 

また結婚をしても別所帯という場合、ご祝儀の所有も夫婦どちらのものかも大きな問題となることがあります。

しかし筋からいえば

 

  • 新郎の招待客
  • 新婦の招待客

 

とで区別できるはずですから、そこで分けて受け取ることで問題ないでしょう。

場合によっては相手がこのようなルールを破ってご祝儀を搾取しようとするかもしれませんが、この場合深い不信感を相手に持つこともあります。

結婚して早々ですが放置したり我慢すればいつか離婚の可能性さえもあると思いますので、しっかりと二人の間で話し合いをするべきだと思います。

結婚式の準備で役に立つサイト

ゼクシィ広告


ブライダル業界では大手であるゼクシィが運営しているサイトです。
全国の式場から検索ができます。
予約まで行えば10,000円の商品券の特典があります。
⇒ ゼクシィはこちらから



ゼクシィ ブライダルリング


やはりゼクシィが運営するブライダルリングサイトです。
一気に多くの指輪ブランドを見ることができます。
来店予約してから訪問するので、混雑とは無縁に指輪を見ることができます。
⇒ ゼクシィ(ブライダルリング)の評価はこちらから


スポンサード リンク


結婚式って高いとあきらめていませんか?


結婚式って高いとあきらめていませんか?