遠方からの招待客の交通費と宿泊費の負担割合の常識とは?

 

結婚式では招待客が非常に遠方から来てくれるということもあります。

このような場合に必ず問題となってくるのが

 

  • 交通費
  • 宿泊費

 

の負担を誰がどれだけ行うのかということです。

この負担額を間違えればその招待客とその後の人間関係がうまく行かなくなるということさえもあります。

結婚式の費用も大変ですが、この遠方からの招待客の負担については間違えないようにするべきだといえます。

 

招待客から見た結婚式参加の負担

 

少し逆の視点から考えてみてください。

 

  • 結婚式に参加する時間と労力
  • 当日の御祝儀の負担
  • 休日がつぶれることの負担

 

と大きくこのような負担が招待客にはかかります。

さらに交通費と宿泊費とがかかるわけですが、このときにどちらかしか負担してもらえない、または一部しか負担してもらえないということであればどのように感じるでしょうか?

子供の結婚式であったり、よほど親しい友人などであれば祝いたいという気持ちが優先するのでそこまで問題ではないでしょう。

しかしそのような関係ではないときに負担額が中途半端であれば釈然としない気持ちになることは想像できます。

今度何か困ったことがあって頼みに行くと態度が硬化していて応じてもらえなかったりして、ひどいケースでは小さな金銭のことで恨みに思われたり、せこい人間と思われていたりすることも実際にはあります。

このようなことになるなら結婚式自体の意義も薄れますし、また招待しないほうが良かったということにさえなりかねません。

 

遠方からの招待客の費用負担のしきたり

 

原則として交通費と宿泊費とは全額新郎新婦で負担するほうが良いでしょう。

さらに宿泊費の手配についても新郎新婦で行わないといけません。

もし全額がしんどいという場合には、交通費と宿泊費との合計額の半額を負担するという方法もそれなりに無難にしきたりに合った方法といわれています。

地域によっては

 

  • 交通費のみ全額負担する
  • 宿泊費のみ全額負担する

 

というような考えのところもあるようですが、このあたりは親などとよく相談しなければいけません。

個人的には全額負担、または交通費と宿泊費の合計の半額負担というのが無難なような気がします。

あとはお互いさまという考え方もあります。

今回は新郎新婦が招待をする側ですが、将来的に招待客側が結婚をして招待する側に回ることもあるような場合です。

この場合には交通費のみ負担しておいて、将来招待されたときにも自分たちも交通費のみ負担してもらうということで形にはなります。

 

招待状で負担については必ず明記する

 

招待客から費用負担については非常に新郎新婦には聞きにくいものです。

この連絡が遅れれば不信感につながることもあるので、招待状で明記して伝えるということがマナーといえるでしょう。

 

  • 交通費と宿泊費の負担について
  • 宿泊施設の手配について

 

ここまで記載しておくと安心して参加してくれるでしょうし、また費用負担が難しいという方は招待を辞退してくると思います。

 

参照

招待状の作成と発送を安く早く行う方法

 

半額負担など一部負担としなければいけない場合には、一言一部負担で申し訳ありませんが招待に応じてもらえるでしょうか?といった文面で断っておくと良いと思います。

 

小さな子供がいる場合の費用負担

 

招待した本人だけではなく、小さな子供がいるような場合、

 

  • 小さな子供を見てくれる親
  • 小さな子供

 

もともに結婚式の式場近くのホテルに宿泊されることもあります。

この場合、親と子供の交通費と宿泊費も発生してくるのですが、これも全額負担、または最低でも半額負担をすることが礼儀といえます。

大変頭の痛いことですが、もしこのあたりの事情を知っていればあえて招待しないということでも良いのではないでしょうか?

 

あえて遠方からの招待客は呼ばないということも選択肢

 

上記のように結婚式をする新郎新婦にとっては負担額はかなり厳しい内容となっています。

そのため

 

  • 負担額がしんどいと思えば招待をしない
  • 負担費用を節約してひんしゅくを買うくらいなら招待しない

 

という方針を持って運営していっても良いと思います。

結婚式の準備で役に立つサイト

ゼクシィ広告


ブライダル業界では大手であるゼクシィが運営しているサイトです。
全国の式場から検索ができます。
予約まで行えば10,000円の商品券の特典があります。
⇒ ゼクシィはこちらから



ゼクシィ ブライダルリング


やはりゼクシィが運営するブライダルリングサイトです。
一気に多くの指輪ブランドを見ることができます。
来店予約してから訪問するので、混雑とは無縁に指輪を見ることができます。
⇒ ゼクシィ(ブライダルリング)の評価はこちらから


スポンサード リンク


結婚式って高いとあきらめていませんか?


結婚式って高いとあきらめていませんか?