結婚式当日の控え室の親族紹介で失敗しないためのポイント

 

結婚式当日は新郎新婦とその親や親族は一般の招待客よりも早い時刻に式場入りします。

ともに結婚式の準備をするわけですが、新郎新婦が着付けを終えてお互いの親族とが一同に会する時間があります。

これが控え室での親族紹介と言われるものです。

 

親族紹介で行うこと

 

  • 新郎があいさつを行うとともに親族の紹介をする
  • 新婦が親族にあいさつを行う
  • 記念の写真撮影をする

 

新郎からあいさつをスタートさせます。

新郎自身が行うときと、新郎の父親が行うこととがあります。

特にどちらでも構わないとされています。

あいさつの方法としては、「新郎の○○(続柄)になります○○です」と新郎から見てどのような続柄になるのかを紹介していきます。

続いて新婦側の紹介ですが、方法としては新郎のときと同様です。

新婦自身が紹介しても問題ありませんが、パターンとしては新婦の父親が行うことが多いように思います。

双方の紹介が終われば

 

「幾久しくよろしくお願いいたします」

 

と新郎か新郎の父親が話し、それに対して新婦側が応じるというように結びます。

あとは双方で歓談の時間となります。

紹介の方法としては各自が自分で行っていくという方法もあります。

この場合、進行役がいないと次は誰の順番かと混乱することも多いので、各自で紹介する形式にする場合にはたとえば新郎の父や新郎など仕切り役を置くようにしておきましょう。

 

親族紹介の順番

 

親や親族は人数もいるので、紹介の順番というのも一応決まりがあります。

ただし現在ではそこまで気にする必要もないので最低限下に記載することだけは守るという点で良いと思います。

 

  • 新郎新婦から見て血縁が近い順番に紹介していく
  • 同じ血縁の場合には基本的には男性を優先して紹介する

 

他にも細かくは決まりはありますが、そこまで気にしなくても良いと思います。

最近の傾向としては紹介順で非常識ということもあまり言わなくなりました。

 

控え室で失敗しやすいパターン

 

  • 特定の人と長く話してしまう
  • なれなれしい態度をとってしまう
  • 緊張してうまく話せない

 

新婦については当日はすでに衣装を着ていると思いますが、衣装によっては立つことも困難なこともあります。

礼儀からいえば立って親族紹介を受けたり行うことが良いのですが、新婦については

 

「衣装の関係で座ったままのあいさつになることをご承知くださいますようお願いいたします」

 

と断っておけば失礼には当たらないとされています。

 

記念写真は絶対に必要か?

 

昔は親族紹介とともに一同に会しても集合写真が絶対といわれてきました。

しかし

 

  • 親族でも血縁が遠いと焼き増し写真は特に必要でもない
  • 焼き増し費用もかなりかかる

 

ということで記念写真を必ず撮影するとまではいえません。

カメラマンの手配については式場でではなく、外注にしておくとネガの受け渡しも行われますので焼き増し費用はかなり安くなります。

近所のカメラ屋さんに焼き増しを依頼すれば式場の1割程度の費用で焼き増しができることが多いと思います。

この方法ができるかは式場の持ち込み費用などが深く関係していますが、記念写真の焼き増し費用を考えながら記念写真への対応は考えていくと良いでしょう。

 

参照

結婚式での集合写真は必要ないと思ったときの対応方法

結婚式アルバムのおすすめの作成方法

結婚式の撮影は式場にオーダーしてはいけない理由

結婚式の準備で役に立つサイト

ゼクシィ広告


ブライダル業界では大手であるゼクシィが運営しているサイトです。
全国の式場から検索ができます。
予約まで行えば10,000円の商品券の特典があります。
⇒ ゼクシィはこちらから



ゼクシィ ブライダルリング


やはりゼクシィが運営するブライダルリングサイトです。
一気に多くの指輪ブランドを見ることができます。
来店予約してから訪問するので、混雑とは無縁に指輪を見ることができます。
⇒ ゼクシィ(ブライダルリング)の評価はこちらから


スポンサード リンク


結婚式って高いとあきらめていませんか?


結婚式って高いとあきらめていませんか?