結婚式で新婦が輝くためのネイルケアのポイント

 

結婚式は一生に一回しかありません。

当日は写真やビデオ録画も行われますが、それとともにキャンドルサービスも行い招待客の近くにいくこともあります。

顔付近をただ綺麗にしておけば良いという考えもありますが、招待客(特に女性)は新婦の手元も細かく見ていることは多いです。

そのためネイルケアやハンドケアもしっかりと計画的に行っていきましょう。

 

ネイルケアのスケジュール

 

  • ネイルサロンの予約
  • 1ヶ月前からネイルケアを行う
  • ハンドクリームでハンドケアも行っていく

 

新婦のネイルケアについては1ヶ月前あたりから計画的に行っていくことが理想とされます。

 

ネイルサロンの手配方法

 

その前にネイルサロンの予約をしておき、この1ヶ月前からネイルケアを行えるように手配しておかなければいけません。

大きく分ければネイルサロンの手配については

 

  • 式場で手配する
  • 行きつけのネイルサロンで予約する
  • 新しく自分でネイルサロンを探す

 

という方法となっています。

費用の関係でいえば式場で手配するよりも自分で探すほうが安くつくと思います。

ネイルサロンは自分の好みがありますので、式場で手配すれば気に入らないようにされてしまうということもあってこの点からも好みにあったネイルサロンを自分で探すほうが当日は満足行くことが多いといえるでしょう。

 

結婚式用のネイルの打ち合わせでイメージを伝える

 

ネイルサロンによっては結婚式のネイル経験が豊富なところもあります。

通常のシーンでのネイルではなく今回は結婚式用ということですので、しっかりと結婚式の経験があるネイルサロンが本当はベストだといえます。

もし気に入ったサロンで結婚式の経験がまったくないとすれば

 

  • 衣装の写真を持っていき見てもらう
  • 式場の様子が写った写真も見てもらう

 

というように必要な当日のイメージが伝わるような写真を持っていき、そこからプロに適切なネイルを考えてもらうことも重要なことです。

 

ネイルサロンを行うタイミング

 

最終的に結婚式のためのネイルサロンを行うタイミングとしては

 

前日に行う

 

ということが理想といえます。

通常ネイルケアは2週間程度は持つことが多いのですが、結婚式用ということで3日間でも剥げてしまうことは多いです。

ですので理想としては前日、もし無理なら2日前というところのタイミングで行っておくことが良いでしょう。

 

ネイルケアの種類と選択方法

 

ネイルケアとしては

 

  • ジェル
  • スカルプ

 

といった種類がありますが、この2つでは強度に若干の差があります。

ネイルに長さを出すのであれば強度のあるスカルプが良いと思いますが、長さを求めないならジェルで十分だと思います。

結婚式当日に新婦が行うプログラムでネイルの長さが決まってくると思いますが、ここからジェルかスカルプかを決めていきましょう。

また見た目としてはスカルプのほうが指が細く長く見えると思います。

指が短い、太いといったところが気になる場合にはスカルプにする新婦は多いようです。

結婚式の準備で役に立つサイト

ゼクシィ広告


ブライダル業界では大手であるゼクシィが運営しているサイトです。
全国の式場から検索ができます。
予約まで行えば10,000円の商品券の特典があります。
⇒ ゼクシィはこちらから



ゼクシィ ブライダルリング


やはりゼクシィが運営するブライダルリングサイトです。
一気に多くの指輪ブランドを見ることができます。
来店予約してから訪問するので、混雑とは無縁に指輪を見ることができます。
⇒ ゼクシィ(ブライダルリング)の評価はこちらから


スポンサード リンク


結婚式って高いとあきらめていませんか?


結婚式って高いとあきらめていませんか?