おめでた婚の理想的なスケジュールとは?

 

最近では4組に1組がおめでた婚だといわれています。

通常とは違って、

 

  • 時間の余裕がないので急いで準備をしていく
  • 新婦の体調も踏まえて安定期に挙式の日取りを決める
  • 新婦が体調を崩したときには新郎も積極的に結婚式の準備をする

 

ということが重要となってきます。

特に重要なことは

 

  • 式場を決めること
  • 招待客をリストアップ
  • 招待状の発送

 

この3つの作業をできるだけ早く行うということがおめでた婚でもバタバタせずに準備できるコツといって良いと思います。

 

結婚4ヶ月前

 

通常では以下のような準備は10ヶ月前などより余裕のあるタイミングで行います。

しかしおめでた婚ではこのような4ヶ月前などで行うこととなるので、効率的に動いていくようにしましょう。

妊娠6ヶ月あたりが安定期に入るとされていますので、挙式の日取りはそのタイミングに合うように設定を行ってきましょう。

 

  • お互いの親に結婚の挨拶に行く
  • 婚約指輪、結納記念品などの購入
  • 婚約を結納または食事会で行う
  • 結婚資金の金額を決める
  • 結婚式の日程、予算、招待客の人数を決める
  • ブライダルフェアに参加し、会場の下見に行く
  • 結婚式の会場を探し、見積もりを出してもらう

 

参照

失敗しない親への結婚の挨拶と意思の伝え方

正式結納の正しい方法と贈り物は間違えないようにしよう

略式結納の当日の流れと口上

結納をせずに顔合わせの食事会をする

結婚式の日取りで基準とするべき3つのポイント

 

結婚3ヶ月前

 

この時期にはつわりがひどくなるなどもあって外出もできないことも多いと思います。

その場合には自宅でできることを新婦に任せて、外出を必要とすることは新郎が行わないといけません。

おめでた婚の場合、やはり重要なことはおめでた婚に慣れている式場かどうかということです。

式場によってはおめでた婚プランを運営しているところもありますが、このような式場は1つおめでた婚に慣れている式場かどうかの見極める要素といって良いと思います。

あとは設備的にトイレの配置、階段の多さなど当日の新婦の体調に配慮した作りとなっているかもよくチェックしておきましょう。

プログラムの決定についてもあまり無理のないものにしたいところです。

特に立ちっぱなしの時間が長いプログラムは体調を崩す原因となりやすいので注意をしておきましょう。

 

  • 結婚式場の仮予約をする
  • 結婚式場の決定と契約(会場の内金の支払いをする)
  • 結婚指輪を購入する
  • 新郎の衣装を決める
  • 披露宴のプログラムや会場のレイアウトや演出を決める
  • 司会者を決める

 

おめでた婚ということで式場選びも時間があまりかけられないのが実際のところですが、この式場選びで費用はほとんど決まってくるものです。

挙式費用、持ち込み費用などがかなり式場ごとに設定が違うわけですが、急いでいるときではありますが以下のようなページも頭に入れておくと費用の節約につながります。

 

参照

結婚式の費用を安くする7つの節約法

結婚資金の平均と節約できるところはどこかを考える

結婚式場の見積もりの見方と安くする交渉テクニック

式場の下見でチェックしたい7つのポイント

ブライダルパックに契約をしてはいけない本当の理由

 

結婚2ヶ月前

 

この時期に結婚式のアイテムなどはすべて決めないといけません。

おめでた婚の場合、結婚式の準備から約2ヶ月程度で式場決定からアイテム決定まで行わないといけませんのでかなり忙しいといえます。

通常の場合、ここまで約半年以上は時間の余裕がりますのでどれだけスケジュールがタイトかはよくわかります。

また二次会を行う場合にはその準備も入ってきます。

おめでた婚ということで新婦の体調によっては無理に二次会をする必要もないかもしれませんが、二次会の準備も新郎を中心にときには幹事にも手伝ってもらいながら行っていきましょう。

料理についてはおめでた婚の新婦にとっては普段気にならないような匂いもかなり気になります。

タンパク質、脂肪など匂いのきつい料理で気分が悪くなることも多いので、このような料理の対応ができるのかも重要な要素といえます。

 

  • 招待状を郵送する
  • 料理や飲み物も決める
  • ヘアメイクや着付けやアクセサリーや小物を決める
  • 引き出物を決める
  • 二次会の会場を決める
  • 二次会の司会や会場の内金を支払う
  • 二次会の幹事を決める

 

参照

結婚式での招待客とその人数を決める方法

招待状の作成と発送を安く早く行う方法

結婚式で綺麗に見せるヘアメイクのスケジュールとは?

新婦のドレスに合わせる小物を安くすませる方法

二次会の準備と4つの費用の節約方法

二次会の幹事の役割はどこまでにするべきか?

 

結婚1ヶ月前

 

新婦の衣装はこの時期に決定をしていきます。

おめでた婚の場合にはあえて新婦の衣装だけ遅いタイミングで行いますが、これは新婦のサイズが変わりおおよそ固まってくるのがこの時期だからです。

おめでた婚では新婦のお腹が目立たない衣装にすることが多いのですが、一般的にはエンパイアラインのドレスやマタニティー用がよく採用されています。

 

  •  新婦の衣装の決定
  • 招待状の返信を確認し、招待客の最終確定を行う
  • 遠方からの招待客の宿泊や送迎の手配
  • BGMや会場装飾や演出の最終打ち合わせを行う
  • ブーケの決定や手配

 

参照

結婚式での新婦の衣装はスタイルと身長で選ぶ

結婚式での新郎の衣装の選び方

結婚式で新婦が輝くためのネイルケアのポイント

 

結婚5日前

 

  • 会場の残金の支払い
  • ネイルケア、その他のビューティーケアを行う

 

参照

新婦がシェービングもせずに結婚式に出るのは非常識?

新婦がまつ毛ケアで失敗しない方法

 

おめでた婚のハネムーン

 

ハネムーンということもよく行われますが、やはり体調を考えると16週から30週までが適した時期といえます。

産婦人科の先生ともよく相談しながらハネムーンの企画も行っていきましょう。

不安があるカップルも多いので海外ではなく車で行けるハネムーンをするカップルも多いようです。

結婚式の準備で役に立つサイト

ゼクシィ広告


ブライダル業界では大手であるゼクシィが運営しているサイトです。
全国の式場から検索ができます。
予約まで行えば10,000円の商品券の特典があります。
⇒ ゼクシィはこちらから



ゼクシィ ブライダルリング


やはりゼクシィが運営するブライダルリングサイトです。
一気に多くの指輪ブランドを見ることができます。
来店予約してから訪問するので、混雑とは無縁に指輪を見ることができます。
⇒ ゼクシィ(ブライダルリング)の評価はこちらから


スポンサード リンク


結婚式って高いとあきらめていませんか?


結婚式って高いとあきらめていませんか?