二次会の会費がなしという場合の参加者への心理的な効果とは?

 

結婚式では新郎新婦自身としては一生に一度の結婚式という意識が強いわけですが、招待客にとってはそうではありません。

もちろん祝いたいという気持ちは強くありますが、

 

  • ご祝儀
  • 交通費
  • 二次会の会費

 

とくれば最低でも4万程度は一日で使ってしまいます。

最近の給与を見ればこの4万も決して小さな金額ではないので、二次会の会費というのはできるだけ抑えるべきというところはあると思います。

個人的には二次会の会費は5000円以下には抑えられれば理想だと思います。

 

参照

二次会の準備と4つの費用の節約方法

 

会費の相場としては8000円~9000円程度と言われていますが、飲み会としてはやはり高いと思われてしまうことが多くなってしまいます。

このような状況の二次会ですが、カップルによっては二次会の会費を無料にするということもあるようです。

 

二次会の会費が無料にできる理由

 

私も最初に聞いたときにはそんなことができるのかと思いました。

しかし話を聞けばそう魔法のような方法があるわけでもありませんでした。

 

「新郎新婦が会費を取らずに持ち出しで開催する」

 

ということが秘密のようです。

新郎新婦によっては普段の感謝の気持ちを示したいという気持ちが非常に強い人もいます。

自分たちのお祝いだからということで会費を無料にしているということがその理由のようです。

二次会の平均的な招待客の人数は50人超といわれていますが、これだとおおよそ50万円程度は新郎新婦が負担をしていることになります。

当然参加した招待客はおおよそこのような金額の計算もするわけですが、一番多くの人が感じることは

 

「新郎新婦に大きな金額を負担させて申し訳ない」

 

ということだといえます。

 

無料にしてもらった招待客が悩むこととは?

 

とりあえず二次会を終えて帰宅という段階になって出てくるのが、招待客の何人かが会費を出そうという動きです。

事前に無料といっていても申し訳ないという考えがあるのでこのようにいくらかでも負担しようという奇特な人が絶対にいます。

しかしそれでも新郎新婦は受け取らないということが多いわけです。

そして数日経過します。

やはり招待客によってはまだ心の中に新郎新婦に大きなお金を使わせてしまったという心残りがどうしてもあります。

このような場合によくあるのが

 

「何か気のきいたプレゼントを新郎新婦に贈る

 

ということになります。

現金を渡すとなればやはり受け取ってもらえないことも多いので、プレゼントだといやらしくありません。

あとはその金額や贈り物の内容ですが、

 

  • 金額は会費を基準にする
  • プレゼントは結婚生活でも使用できるもの

 

が良いとされています。

人によってはせっかくの新郎新婦の好意だからという人もいるかもしれませんが、好意ですむような金額ではないのでやはり何か気持ちを示すほうが良いのではないかと思います。

結婚式の準備で役に立つサイト

ゼクシィ広告


ブライダル業界では大手であるゼクシィが運営しているサイトです。
全国の式場から検索ができます。
予約まで行えば10,000円の商品券の特典があります。
⇒ ゼクシィはこちらから



ゼクシィ ブライダルリング


やはりゼクシィが運営するブライダルリングサイトです。
一気に多くの指輪ブランドを見ることができます。
来店予約してから訪問するので、混雑とは無縁に指輪を見ることができます。
⇒ ゼクシィ(ブライダルリング)の評価はこちらから


スポンサード リンク


結婚式って高いとあきらめていませんか?


結婚式って高いとあきらめていませんか?