略式結納の当日の流れと口上

 

最近では7割のカップルは正式な結納をしないとされています。

しかしその場合でも普通はまったく何もしないというわけにはいかず、たとえば両家の親の紹介や顔合わせも含めて食事会をするということが多いです。

結納の場合、100万円程度の費用がかかりますが、食事会ということであれば桁も1つか2つ程度は出費を抑えることができます。

しかも最低限の紹介や顔合わせといったことは行えるので結納よりもカジュアルな食事会で済ませるカップルが増えているといえるでしょう。

 

参照

結納をせずに顔合わせの食事会をする

 

略式結納の基本や行うべき場所

 

結納では仲人を立てることも多いですが、略式結納では仲人は普通は立てません。

少しフォーマルな食事会といったようなイメージとなるわけですが、

 

  • 少し高級感のあるレストラン
  • 料亭
  • ホテル

 

などといったところで行うことがほとんどです。

落ち着いて紹介なども行いたいところですので、当日は個室を貸切にしておきましょう。

結納の場合には仲人が進行を行うことも多いのですが、略式結納の場合には仲人はいませんので、新郎の父親が進行を行うことが一番多いです。

しかし最近では本人たちが進行を行うことも多く、特に新郎が先頭に立って当日は進行をしても良いでしょう。

 

略式結納での服装

 

新郎と父親の場合には黒や紺といった地味めのスーツが常識的です。

新婦はワンピースが一番多いのですが、和装の場合には振袖や訪問着で問題ありません。

母親もワンピースか和装の場合には訪問着が常識的です。

 

略式結納の流れ

 

以下は新婦の親の家などでの仕様になっています。

床の間などがあるのはそのためですが、会場が親の家ではない場合には上座と下座を確認しておいて対応するようにしましょう。

 

  • 結納品を上座(床の間など)に並べる
  • 着席する(上座から本人、父親、母親の順に男女側とも座ります)
  • 男性側が目録を女性側に渡す(口上1参照)
  • 女性側は受書(うけしょ)を渡す(口上2参照)
  • 女性の母親が女性側の結納品を男性側に運び、父親が口上(口上3参照)を伝える
  • 男性の父親が代表して挨拶する(口上4参照)
  • 男性側の母親が結納品を女性側に運び、父親が口上を述べる(口上5参照)
  • 男性が目録を確認し女性側に受書を渡す(口上6参照)
  • 男性の父親が婚約の成立を宣言する(口上7参照)
  • 歓談を開始する

 

略式結納での挨拶サンプル

 

幾久しくといった普段使用しない日本語を使います。

正式な日本語として幾久しくというのは結納では何度か使用しますが、結納の格式を上げることになります。

結納の順番や言葉がどうしても覚えられないということはあるかもしれませんが、その場合メモにしておいて当日見ながら話すということでも良いでしょう。

また「別れる」「切れる」といったような別れをイメージさせるような言葉は使用しないのが原則です。

父親や母親がいないという場合には、兄弟や親戚に代役を頼むということも必要です。

ただし父母のどちらかがいるという場合には、1人で2人分の役割を果たすというこことでも問題ありません。

 

口上1 女性が目録を受けるときの口上

「結構な結納のお品をいただき、ありがとうございます。幾久しくお受けいたします」

 

口上2 女性の父親が受書を渡すときの口上

「納品の受書でございます。どうぞお納めください」

 

口上3 女性の父親の結納品を渡すときの口上(母親が結納品を渡す)

「こちらは○○(女性の姓)からの結納でございます。幾久しくお納めください」

 

口上4 略式結納始めの口上

「このたびは、お嬢様○○様と息子の○○との婚約をご承諾くださいましてありがとうございます」

「本日はお日柄もよろしく、結納の品々をご持参いたしました。どうぞお納めください」

 

口上5 男性の父親による結納品を渡すときの口上(母親が結納品を渡す)

「こちらは○○(男性の姓)からの結納でございます。幾久しくお納めください」

 

口上6 男性に目録を受けるときの口上

「結構な結納のお品をいただき、ありがとうございます。幾久しくお受けいたします」

 

口上7 結びの口上

「これにより、二人の婚約が成立いたしました。今後ともよろしくお願い申し上げます」

「こちらこそよろしくお願い申し上げます」

 

このように書けばかなり慣れない言葉が続き難しいようにも思います。

しかし何度か事前に練習しておくとスムーズに言葉も出てきます。

またよく考えてみれば相手の親も結納などはそう何度もしたことがないですし、ひょっとすれば自分と同じように初めてかもしれません。

相手も自分と同じようにあまり知らないもの同士でやる結納だと思えば気分も楽になってくると思います。

結婚式の準備で役に立つサイト

ゼクシィ広告


ブライダル業界では大手であるゼクシィが運営しているサイトです。
全国の式場から検索ができます。
予約まで行えば10,000円の商品券の特典があります。
⇒ ゼクシィはこちらから



ゼクシィ ブライダルリング


やはりゼクシィが運営するブライダルリングサイトです。
一気に多くの指輪ブランドを見ることができます。
来店予約してから訪問するので、混雑とは無縁に指輪を見ることができます。
⇒ ゼクシィ(ブライダルリング)の評価はこちらから


スポンサード リンク


結婚式って高いとあきらめていませんか?


結婚式って高いとあきらめていませんか?