新婦のドレスに合わせる小物を安くすませる方法

 

ドレスとともに

 

  • アクセサリー
  • ヘッドドレス
  • ヴェール

 

などの小物も決めていきます。

衣装と比べるとどうしても小物ということで、選ぶときに適当になってしまうのですが、ヘッドドレスは新婦の顔付近の小物ですので当日の印象を大きく左右します。

衣装と同様に丁寧に選ぶことが満足行く結婚式につながります。

 

新婦に必要な小物の種類

 

  • ヴェール
  • グローブ    衣装本体と素材が合ったものを選ぶ
  • アクセサリー  ネックレス、ピアス、イヤリングなど
  • パニエ     下着のことで、スカートを美しい形に広げるためのワイヤーの入ったもの
  • ペチコート
  • ストッキング  スカートの下に着用する下着
  • 下着      体形を補正する下着を着用

 

下着についてはウェストを引き締めるニッパー、バストアップさせるスリーインワンビスチェなどがあります。

衣装を選ぶとともに体形を補正する下着でかなり印象も変わります。

 

ヘッドドレスの形

 

  • カチューシャ
  • ティアラ
  • クラウン
  • ボンネ
  • コイフュア
  • トーク帽

 

とこのような形の種類があります。

衣装やまた新婦の顔の表情で似合う似合わないは随分と違いますが、

 

  • 高貴さならトーク帽、クラウン、ティアラ
  • かわいさならコイフュア、カチューシャ、クラウン

 

といった特徴があります。

 

新婦の小物の費用を安くする方法

 

多くの方はこれらの小物については式場でレンタルするということになります。

しかしこの方法ですと費用はやはり高くなってしまう傾向があります。

正直いえばこの小物では

 

  • レンタルするもの
  • 購入するもの
  • 友人や知人や家族から借りるもの

 

とうまく区別することで費用を抑えることができます。

式場でレンタルすると一度しか使用しないのに高いレンタル費用がかかります。

将来的に使えるものは購入してしまったり、また周囲の人から借りることができるものは借りてしまうという方法を積極的に活用していきます。

まずアクセサリーについてですが、レンタルするのは基本的にやめます。

友人や知人そして家族から借りることをしていきます。

借りることができないという場合には、将来的に冠婚葬祭もあるでしょうし、そこでも使用できるものを購入するほうが長い目でみれば得だと思います。

後の残りの小物も同様に基本的には

 

  • レンタルをしない
  • 友人や知人に借りれないか考える
  • 将来的にまた使用する可能性があるものは思い切って購入する

 

という順番に考えていきます。

ただしヴェールと白い靴に関しては借りることはできないと思いますので、これは式場でレンタルすると良いと思います。

結婚式の準備で役に立つサイト

ゼクシィ広告


ブライダル業界では大手であるゼクシィが運営しているサイトです。
全国の式場から検索ができます。
予約まで行えば10,000円の商品券の特典があります。
⇒ ゼクシィはこちらから



ゼクシィ ブライダルリング


やはりゼクシィが運営するブライダルリングサイトです。
一気に多くの指輪ブランドを見ることができます。
来店予約してから訪問するので、混雑とは無縁に指輪を見ることができます。
⇒ ゼクシィ(ブライダルリング)の評価はこちらから


スポンサード リンク


結婚式って高いとあきらめていませんか?


結婚式って高いとあきらめていませんか?