結婚指輪は毎日のようにつけるものですので、飽きるという人は出てきます。

飽きが来ないデザインといえばシンプルなものとよくいわれますが、本当はどうでしょうか?

シンプルな結婚指輪にした人でも飽きがきたという人も知っていますし、一概にシンプルであれば万人が飽きないともいえないと思います。

 

ミル打ちは飽きやすい?

 

まずよく飽きやすいといわれるのがミル打ちです。

ミル打ちはおしゃれな反面、その装飾のしつこさも反面あるので飽きやすいといわれます。

店員などからミル打ちは飽きるといわれることもあるかもしれませんが、やはり一概にそうもいえません。

むしろサイズ直しのできないミル打ちではすぐに廃棄しなければいけないということもあるので、サイズ直しができるかを確認してほしいと思います。

 

参照

ミル打ち結婚指輪の6つのデメリット検証結果を解説

 

ピンクゴールドの結婚指輪は飽きる?

 

結婚指輪の素材の中でも色合いとして最も特徴的なのはピンクゴールドといえます。

値段的にもプラチナよりも安くなるので、費用的にも手を出しやすい素材です。

ピンクゴールドは文字通りにピンク色なので若いうちにはおしゃれでかわいい印象となりますが、年齢がいくとやや指輪の色が浮いてくるような印象を与えてしまう人もいます。

 

  • ピンク色に惹かれたのかどうか?
  • 年齢がいってもピンクをつけることができそうかどうか?

 

という点はよく考えてほしいと思います。

 

シンプルな結婚指輪も飽きることもある?

 

冒頭でもいいましたがシンプルな結婚指輪にすれば飽きがこないというようによくいわれますので、シンプルなものにする人も多いのですが、このような結婚指輪の選び方も飽きやすいといえます。

 

  • 他にデザインで気に入ったものがあったのにシンプルなものにしてしまった
  • あまり気に入っていないものの人の意見を聞いてシンプルなものにしてしまった

 

という場合には特にシンプルな結婚指輪でも飽きがきやすいと思います。

シンプルな結婚指輪にすればたとえば

 

  • ダイヤモンドは1つのみ
  • ストレートの指輪

 

とありきたりになりやすく、一番多くの人が持つ指輪のパターンにはまってしまいます。

そのため自分の好みと違うことが次第に明確になってきて飽きがくるというようになるのかもしれません。

 

結婚指輪でなぜ飽きがくるのか?

 

ミル打ちのような個性的なものでも飽きる人がいる、シンプルな結婚指輪でも飽きを感じてしまう人もいるということで余計に何を選べば良いのかわからなくなります。

要するに結婚指輪をどちらに選ぶとしても飽きてしまう人の特徴としては

 

  • 店員や流行に流されてしまって選んでいる
  • 自分の直感から指輪を選んでいない

 

というものが多いのです。

結婚指輪のデザイン、ブランドで迷ったときにメリット、デメリットなどをあれこれ考えるという作業をするかと思いますが、思考作業は感性に合った指輪を選ばせないことも多いのです。

将来にわたって飽きない結婚指輪を選ぶには自分の感性上で正しい選択をしなければいけません。

この感性というのは思考でなく、潜在意識と関係するので第一印象といった一瞬の感性を比較してそこから決めることが重要ということです。

 

  • それぞれの指輪をはじめて見た瞬間の感覚を考えるのでなく思い出す
  • その感覚でどれが強かったのかを比較する

 

ということで考えるのでなく感性でどれを本当に欲しいと感じたのかを比較するというようにします。

 

参照

結婚指輪選びで迷う!デザイン、ブランド、強度での選び方

結婚指輪でよくある8つの後悔!後悔しない結婚指輪の選び方

 

これに加えてすでに結婚指輪を買って後悔しやすいポイントに該当していないかを検討すれば、そう誤った結婚指輪にならないと思います。

結婚式の準備で役に立つサイト

ゼクシィ広告


ブライダル業界では大手であるゼクシィが運営しているサイトです。
全国の式場から検索ができます。
予約まで行えば10,000円の商品券の特典があります。
⇒ ゼクシィはこちらから



ゼクシィ ブライダルリング


やはりゼクシィが運営するブライダルリングサイトです。
一気に多くの指輪ブランドを見ることができます。
来店予約してから訪問するので、混雑とは無縁に指輪を見ることができます。
⇒ ゼクシィ(ブライダルリング)の評価はこちらから


スポンサード リンク


結婚式って高いとあきらめていませんか?


結婚式って高いとあきらめていませんか?