結婚指輪ではデザイン、ブランドとともにグレードも気になるという人も多いかもしれません。

今回はダイヤモンド、そして指輪の素材部分のグレードについて解説します。

 

結婚指輪のグレードとは?その定義とは?

 

グレードとなるとまずダイヤモンドの価値を意味することが多いです。

ダイヤモンドといえば4Cを連想する人は多いかもしれません。

4Cというのは

 

  • カラット  ダイヤモンドの重量
  • カラー   ダイヤモンドの色味
  • カット   ダイヤモンドの切削加工についての評価
  • クラリティ ダイヤモンドの透明度

 

をそれぞれ4つの項目から評価したものです。

ちなみに海外ではカラット重視、日本ではそれぞれのバランスで評価する傾向があります。

4Cは良いほうがグレードは高いと考える人も多いのですが、実はそうでもありません。

 

  • 鑑定書自体、鑑定機関によって結構変わるので評価も絶対ではないこと
  • 4Cで劣るものでもダイヤモンドとしての輝きがかえってあるものも存在する
  • カットは仕上げを評価したものでなく、カットの対称性の正確さを評価したものにすぎない
  • クラリティも内包物だけの評価であり、傷の評価を含まない

 

ということで4Cはあくまでも参考程度にしかなりません。

ダイヤモンドの本当の価値は

 

  • 白い蛍光灯の下でダイヤモンドの輝きを比較する
  • できれば背景も白い壁の箇所で行う

 

ということで宝石店によくある特殊なダイヤモンドをより美しく見せる蛍光灯でなく、素のダイヤモンドの輝きを見極めないといけません。

 

鑑定書のついてこないダイヤモンドの条件

 

鑑定機関としては世界的に有名なところがいくつかありますが、結婚指輪のデザインなどによってはこの鑑定書のついてこないものもあります。

 

  • 0.3カラット以下などダイヤモンドよりも鑑定書のほうが高くなるようなケース
  • エタニティ

 

参照

結婚指輪の鑑定書!どこの鑑定書が信用できる?

 

鑑定書がないからといってグレードが低いということでなく、条件に合わないというだけのことです。

ダイヤモンドの本質は上でも説明しましたように、輝きの強さです。

たとえ鑑定書がなくても輝きを比較して強いものであれば、グレードは高いといって良いのです。

 

プラチナの結婚指輪でのグレード

 

この他、素材のグレードというのも一応あります。

たとえば日本で最も結婚指輪の素材として選ばれているのはプラチナですが、

 

  • Pt1000 プラチナ99%
  • Pt950  95%
  • Pt900  90%

 

というような表記です。

グレードというよりも正確にはプラチナの純度を示します。

ゴールドであれば24K(金100%)、18K(金75%)というものですが、純度が高ければ良いというものでもありません。

 

  • 純度が高いとその素材特有の輝きは出やすい
  • ただし強度が弱くなり、変形や傷の原因となる

 

ということで純度についてはバランス良く設定して作るのが常識的です。

プラチナであればPt950~900が一般的で、ゴールドであれば18Kとなればまず十分な強度といえます。

 

参照

結婚指輪と純度!純度と強度、傷のつきやすさを解説

 

プラチナのグレードが信用できない!どうすれば見極められる?

 

プラチナの表記によってもちゃんとした店でなければ怪しげで混乱しがちな表記となっていることは多いです。

たとえば

 

  • プラチナ90となっているが、実際は90/1000しかプラチナが含まれていない
  • プラチナ500など異様に含有率が低い

 

というような場合ですが、結婚指輪は怪しいと感じれば違う店で買うほうが良いです。

それには

 

  • 結婚指輪の品質を見極める正しい知識を身につける
  • 良心的な店を知る

 

参照

結婚指輪、婚約指輪の選び方14つのポイント

結婚指輪の店の選び方!良心的な店を選ぶ5つのポイント

 

これらのページはかなり詳しく情報を入れていますので、後悔しない結婚指輪を選ぶには絶対に知っておいて欲しい内容となっています。

結婚式の準備で役に立つサイト

ゼクシィ広告


ブライダル業界では大手であるゼクシィが運営しているサイトです。
全国の式場から検索ができます。
予約まで行えば10,000円の商品券の特典があります。
⇒ ゼクシィはこちらから



ゼクシィ ブライダルリング


やはりゼクシィが運営するブライダルリングサイトです。
一気に多くの指輪ブランドを見ることができます。
来店予約してから訪問するので、混雑とは無縁に指輪を見ることができます。
⇒ ゼクシィ(ブライダルリング)の評価はこちらから


スポンサード リンク


結婚式って高いとあきらめていませんか?


結婚式って高いとあきらめていませんか?