結婚指輪は結婚式をするのであれば最低でも式までには間に合わせたいところですが、発注でも特殊な内容のものにすれば加工などで期間がかかりやすくなります。

結婚式までの日程期間に余裕がない場合には、どのような結婚指輪にすれば間に合うのか押さえておくようにしましょう。

 

結婚指輪は店に並んでいるものを持って帰れない?

 

店に行くとショーケースに多くの指輪が並んでいますが、これらは基本的展示用となっていて持ち帰ることができなくなっています。

そのため在庫があればその日のうちに持ち帰ることができるものもあるのですが、展示しかないという場合には後述しますように2週間以上はかかってくるようになります。

 

既製品の結婚指輪で刻印をすればどの程度の期間かかるのか?

 

結婚指輪では

 

  • 既製品
  • オーダーメイド

 

というように作り方が変わるのですが買いに行った店にある指輪を買えばその日のうちに入手できます。

ただ結婚指輪ということで既製品に刻印をすれば納期までの期間は伸びて、2~3週間前後かかることとなってきます。

 

参照

結婚指輪の刻印を解説!ラテン語、フランス語での刻印も

 

結婚指輪の手彫り刻印と納期までの期間

 

刻印でも特に手彫りの場合にはさらに期間が必要となります。

この場合、店やブランドにもよりますが1~2ヶ月はかかってくることもあります。

通常はレーザーなど機械による刻印ですが、手彫り刻印は挙式まで日程の余裕がないときには間に合うかどうかよく計算してください。

 

海外ブランドの結婚指輪が届くまでの期間

 

海外ブランドの結婚指輪も人気ですが、納期までの期間という場合にはかなり遅くなるので不利となります。

 

  • 海外から届ける場合には3ヶ月ほど期間がかかる
  • ブランドによってはこれ以上の期間かかるところもある

 

ということで結婚式までの期間に余裕がないときには基本的に海外ブランドはおすすめできないといえます。

 

オーダーメイドの結婚指輪の納期までの期間も長め

 

海外ブランドとともにオーダーメイドも特に納期までの期間は長くなります。

デザインにもよりますが3ヶ月程度はやはり期間がかかる場合が多いと思います。

 

  • パターンオーダー
  • フルオーダー

 

とオーダーメイドでも2つのパターンがあるのですが、最初からデザインをすべて作っていくフルオーダーは特に3ヶ月以上かかることもあります。

パターンオーダーでも1~2ヶ月は最低かかってくるようになるでしょう。

 

参照

オーダーメイドの結婚指輪 !安くて品質の良い指輪の4つの条件

 

在庫のある結婚指輪を最速で持って帰る方法

 

とりあえず在庫のある結婚指輪を刻印せずに結婚式に間に合わせるというような方法もあります。

 

  • 在庫のある結婚指輪を持って帰る
  • そのまま挙式で使う
  • 挙式後に刻印を入れてもらうために店に持っていき預ける
  • 刻印後に正式に納期をしてもらう

 

どうしても結婚式に間に合わせる場合にはこのような方法もあります。

 

結婚指輪は期間に余裕を持ってできるだけ早く選ぼう

 

結婚式の準備もあってバタバタしていると気づけば結婚指輪がぎりぎりになっているというようなこともあります。

理想的には結婚式の2~3ヶ月前には最低発注をかけておくというようにしなければいけません。

結婚指輪はデザインにばかり目がいく人は多いのですが、

 

  • 変形
  • 変色
  • 石取れ

 

参照

結婚指輪、婚約指輪の選び方14つのポイント

 

といった危険性もあるので、品質の良いものを選ぶ知識も持っておくようにしてください。

これから結婚指輪を購入するというときに上のページだけは後悔しないように目を通しておいて欲しい内容となっています。

変形、石取れなど結婚指輪では後悔しないようにしていきましょう。

結婚式の準備で役に立つサイト

ゼクシィ広告


ブライダル業界では大手であるゼクシィが運営しているサイトです。
全国の式場から検索ができます。
予約まで行えば10,000円の商品券の特典があります。
⇒ ゼクシィはこちらから



ゼクシィ ブライダルリング


やはりゼクシィが運営するブライダルリングサイトです。
一気に多くの指輪ブランドを見ることができます。
来店予約してから訪問するので、混雑とは無縁に指輪を見ることができます。
⇒ ゼクシィ(ブライダルリング)の評価はこちらから


スポンサード リンク


結婚式って高いとあきらめていませんか?


結婚式って高いとあきらめていませんか?