失礼になっていない?食事会での席順のパターンを解説

 

挙式の後に披露宴でなく食事会という形式を考えている場合には、席順をどのようにするべきか迷う場合があります。

食事会という場合には基本的に親族のみを招待するというようになりますが、席順で意外な人間関係のトラブルとなることもあります。

結論からいいますと食事会の席順には2つのパターンがあるといって良いのですが、どちらが正解というわけでもなく、また年代によってはこれらの席順にクレームをつけられてしまう場合もあります。

そのため一応の食事会での席順のパターンを知っておいて、さらに自分たちの親族に伺いを立てるというような配慮も必要といえるでしょう。

 

食事会での席順のパターン

 

食事会では机の形もいろいろとありますが、新郎新婦の席から見て近くからどのように席順を決めていくのかというパターンとなります。

 

  • 机の端に新郎新婦、一番遠くに両親、間には新郎新婦から近い席から年齢順に親族を配置する
  • 机の端に新郎新婦、近い順に年齢の近い親族を配置する

 

というような席順となります。

1つめの席順は古くからある席順の形式で披露宴の席順を基本に考えたものです。

 

参照

披露宴で笑われないための席次表の決め方

 

2つめは比較的新しい席順となり、古くからある席順の作法をあえて無視した形式となります。

1つめのメリットとしては

 

  • 作法にかなっている
  • 考えの古い親族にも受け入れられやすい

 

というようなものなどがありますが、反面に新郎新婦の近くに年齢が遠い人の席となり場が盛り上がりにくいという側面があるとなります。

一方で2つめのメリットとしては

 

  • 新郎新婦の近くに年齢の近い親族となるので比較的話が盛り上がりやすい
  • 末席のほうの親族も年齢の近い人が隣通しになるので話がしやすい

 

というようなものなどがある反面、作法にかなっていないので親族の考え次第で反発を受けることもあるというようなデメリットもあります。

 

食事会の席順にルールはあるのか?

 

上記のように片方のメリットは、もう片方のデメリットとなっていて、完全に逆の見解から決めていく席順となることがわかります。

最近のトレンドとしては2つめのパターンも多いということがいえますが、正解というのはありません。

そのためどちらの席順でも良いのです。

問題としては冒頭でも記載しましたが、

 

「2つめで非常識としてくる親族がいないかどうか?」

 

です。

特に年配の親族だと当然のように1つめだと考えている人もいますので、2つめのほうが実際の食事会の盛り上がりとしてはベストかもしれませんが、決定までに根回ししておくと良いでしょう。

 

食事会の席順は適当でもOK?

 

上記のようにあたかもルールがあるように記載をしてきましたが、食事会とするからには本当に親しい家族、親族数人でという場合も多いかと思います。

そのような場合には

 

  • 食事会の会場に到着
  • それぞれで何となく席順もなく座る

 

というようなパターンのほうが圧倒的に多いものです。

このような形式ばらないのも食事会の良さでもありますから、両親とも本当に席順までこだわる必要があるのかも相談をしていきましょう。

個人的にはほとんどの食事会で席順にこだわらなくても良いのではないかと考えています。

結婚式の準備で役に立つサイト

ゼクシィ広告


ブライダル業界では大手であるゼクシィが運営しているサイトです。
全国の式場から検索ができます。
予約まで行えば10,000円の商品券の特典があります。
⇒ ゼクシィはこちらから



ゼクシィ ブライダルリング


やはりゼクシィが運営するブライダルリングサイトです。
一気に多くの指輪ブランドを見ることができます。
来店予約してから訪問するので、混雑とは無縁に指輪を見ることができます。
⇒ ゼクシィ(ブライダルリング)の評価はこちらから


スポンサード リンク


結婚式って高いとあきらめていませんか?


結婚式って高いとあきらめていませんか?