これが正解!挙式後の食事会での衣装や服装

 

挙式後に披露宴でなく、食事会をするというパターンですが、衣装も披露宴とは違うルールがあるのかと思うことがあります。

今回は新郎新婦、そして招待客も含めた参加するべき衣装について説明をしたいと思います。

 

白無垢?ウェディングドレス?

 

挙式の場合には完全なウェディングドレスとなりますが、通常その後の食事会では挙式時衣装である

 

  • 白無垢
  • ウェディングドレス

 

のようなものは着ないカップルがほとんどです。

式場から食事会の会場は若干距離が離れることが多いと思いますが、この距離感や食事会の会場の雰囲気も考えるとウェディングドレスというケースが少なく理由がわかります。

 

新郎新婦の食事会でよくある衣装

 

食事会でも新郎と新婦との衣装バランスを取ることが必要となります。

そのため

 

  • 新郎はスーツ
  • 新婦は振袖

 

新婦でワンピースにしようというように考える人も多いかと思いますが、食事会の雰囲気もありますが一般に浮くことが多くなります。

そのため振袖派が一番多いといえます。

ただし式場の横の会場で食事会をするという場合には

 

  • 新郎はタキシード
  • 新婦はウェディングドレス

 

というような披露宴さながらの衣装という場合もあります。

 

食事会での招待客の衣装

 

招待客の衣装も同様に新郎新婦の衣装とのバランスを取るのが一般的といえます。

 

  • 新郎新婦がスーツ、振袖であれば、親族はスーツや着物
  • 新郎新婦がタキシード、ドレスであれば、親族は礼服やワンピースや着物(黒留袖)

 

招待状の文言でいいますと1つめは平服でお越しください、2つめだと正装でお越しくださいという文言に該当します。

ただし後述もしますが、平服でといっても親族はスーツや着物でなく略礼服などと解釈されることも多いです。

この点、新郎新婦が中心となって当日の両家の親族の服装を統一しておくということが必要だといえます。

招待客の親族からすれば会場の様子もあまりわからないかと思いますので、一般的には

 

  • 他の招待客と電話などで相談する
  • 新郎新婦に相談する

 

というようなケースも多いです。

また両家の招待客の衣装もある程度バランスが取れないといけません。

そのため新郎新婦としては両家の衣装を合わせるように事前に根回しすることも必要な配慮といえるでしょう。

 

  • 一般に親族は正装で参加することが多いので、新郎なスーツなどだとマッチしない
  • 正装の親族がほとんどの中で、1人だけ正装でない親族がいる

 

しばしば食事会では親族が場に合わない衣装を着てきてしまって恥ずかしそうにしているような光景も目にします。

このようにならないように事前の打ち合わせは慎重してしておくと良いでしょう。

 

食事会の招待状にも衣装の注意書きはしっかりとしよう

 

食事会だと親族に直接電話で招待をするという形式も構いませんが、招待状という場合もあります。

そちらにもいえることですが、当日の衣装は

 

  • 正装
  • 平服

 

のどちらなのかもしっかりと記載をするなどしておきましょう。

一般に「平服で」というように記載をすれば礼服でないものの、準礼服でというニュアンスになります。

そのため

 

  • 男性だとブラックスーツ(略礼服)
  • 女性だと色無地、ワンピース、カクテルドレス

 

といったような服装になることが多いといえます。

 

参照

食事会の親族への招待状の文面サンプルは礼儀を失わないようにする

結婚式の準備で役に立つサイト

ゼクシィ広告


ブライダル業界では大手であるゼクシィが運営しているサイトです。
全国の式場から検索ができます。
予約まで行えば10,000円の商品券の特典があります。
⇒ ゼクシィはこちらから



ゼクシィ ブライダルリング


やはりゼクシィが運営するブライダルリングサイトです。
一気に多くの指輪ブランドを見ることができます。
来店予約してから訪問するので、混雑とは無縁に指輪を見ることができます。
⇒ ゼクシィ(ブライダルリング)の評価はこちらから


スポンサード リンク


結婚式って高いとあきらめていませんか?


結婚式って高いとあきらめていませんか?