披露宴でなく食事会をする場合のご祝儀の相場とは?

 

挙式の後に披露宴をせず、食事会をするという結婚式もありますが、この場合には招待客からすればご祝儀をいくらにするべきかという疑問はよく感じるのではないでしょうか?

会費制にしても良いのかもしれませんが、親族中心での食事会ということでやや会費制は合わないというところもあるのかもしれません。

 

食事会でのご祝儀の相場

 

披露宴では

 

  • 兄弟、叔父叔母 5万円
  • その他の親族  3万円
  • 夫婦で参加   夫婦で5万円
  • 友人、知人   3万円

 

というようなご祝儀の相場があります。

ただ披露宴ではなく食事会としてもご祝儀はこの相場と同額包むことが一般的となっています。

食事会としているのにご祝儀が高すぎるのではないかと思うかもしれませんが、ご祝儀の金額については後述するお返しにもよるといえます。

 

参照

結婚式でのご祝儀の相場や平均額はどの程度か?

 

食事会と引き出物、プチギフト

 

どうしても食事会というニュアンスから簡素なものと思ってしまうのですが、そうでもない場合が多いです。

以下のページにも説明をしていますが、迎賓からプロフィールビデオの上映までガッツリとプログラムを組むカップルも案外多いのです。

 

参照

披露宴でなく食事会、その内容と流れは具体的にどうするべきか?

 

このようなプログラムの内容によってご祝儀の金額を替えるべきということはないですが、

 

  • 引き出物
  • プチギフト

 

といったようなお返しがあるかどうかでご祝儀の金額は変わってくるのが自然な日本の慣習といえます。

元来、日本では半返しという習慣があり、たとえばご祝儀で3万となればその半分(実際には1万2千円ほどの場合も多いのですが)を引き出物、プチギフトとしてお返しするようになっていました。

この考えは食事会でも同じです。

つまり

 

  • 引き出物などを用意するのであればご祝儀でも構わない
  • お返しを用意しないのであれば会費制にする

 

というような配慮が新郎新婦には必要ということもいえます。

会費制とすれば親族の参加費用も料理代程度とすれば良いとなります。

 

参照

会費制の結婚式の内容 ご祝儀制とどこが違うのか?

 

ご祝儀か会費制か?

 

招待される親族としては招待状等を受けてもご祝儀なのか?、またはいくら包むと良いのか?ということは案外わかりにくいものです。

招待状を出す新郎新婦としてもご祝儀という文言を入れにくいものですから、日本の慣習に従い適切に考えていきましょう。

つまり

 

  • 他の親族とご祝儀の金額を示し合わせる
  • 会費制とあった場合には他にご祝儀を出すかどうかも他の親族と相談する

 

とすれば無難ではないかと思います。

また新郎新婦としては最悪のケースで引き出物を特に用意していない状態でたとえば5万というような食事代を明らかに超えるようなご祝儀を受けてしまう場合もあるでしょう。

この場合には礼儀的に後日すぐにお返しの引き出物、プチギフトなどを送るようにしましょう。

 

参照

迷惑がられない引き出物とプチギフトとは?

結婚式の準備で役に立つサイト

ゼクシィ広告


ブライダル業界では大手であるゼクシィが運営しているサイトです。
全国の式場から検索ができます。
予約まで行えば10,000円の商品券の特典があります。
⇒ ゼクシィはこちらから



ゼクシィ ブライダルリング


やはりゼクシィが運営するブライダルリングサイトです。
一気に多くの指輪ブランドを見ることができます。
来店予約してから訪問するので、混雑とは無縁に指輪を見ることができます。
⇒ ゼクシィ(ブライダルリング)の評価はこちらから


スポンサード リンク


結婚式って高いとあきらめていませんか?


結婚式って高いとあきらめていませんか?