食事会の親族への招待状の文面サンプルは礼儀を失わないようにする

 

披露宴でなく、代わりに親族のみの食事会をするという形の結婚式も増えてきました。

食事会というのは最近増えてきたので、どうしても特定のルールなどがない状態になっています。

そのため今回の親族への招待状も披露宴とどのように変えるべきかについて迷うこともあります。

相手の親族へも招待状は送るのでどうしても難しく考えてしまうのですが、そこまで神経質にならなくても良いと思います。

 

食事会での親族への招待状の文例サンプル

 

はじめに説明をしたいのですが、冒頭のように食事会はルールがまだ固まっていません。

そのため今回紹介する文面も絶対にそうしなければいけないということでもありません。

親族の性格や事情も勘案してある程度自由にカスタマイズしても良いのではないかと思います。

 

 

~結婚お披露目会のご案内~

 

皆様には益々ご清祥のことと存じます

私たち両名は平成○年○月○日に入籍し、夫婦となりました

つきましてはその新しい門出にあたりお世話になった皆様に感謝の気持ちを込めてご披露とともに、ささやかながらお食事会催したいと存じます

ご多忙の折誠に恐縮でございますがぜひご出席いただきたくご案内申し上げます

 

 

この文面のうち、参加が確定した人にだけ送る場合には最後の

 

「ぜひご出席いただきたく」

 

という箇所は削除するようにしておきましょう。

 

食事会の招待状で記載するべきこととは?

 

文例は上記のようなものですが、あと他に追加で記載してほしいこともいくつかあります。

 

  • 夫婦の氏名
  • 食事会の日時
  • 食事会を開催する場所
  • 食事会会場への連絡先
  • 食事会は平服でもOKかどうかについての記載
  • 出欠の確認項目(出欠確認用の返信ハガキ)

 

といったところです。

文面などはパソコンのワードなどで作成しても失礼になりませんが、封書の宛名などについては手書きで記載するのが礼儀とされます。

宛名については同居している親族もいるかと思いますが、この場合には全員の氏名を明記するようにしましょう。

つまり招待する人の氏名を全員分入れるということです。

同居しているということで代表者1名の名前のみ記載するカップルもいるようですが、ごくまれに誰まで参加して良いのか迷わせてしまってちょっとしたトラブルになる場合もあるようです。

慌てて必要な項目を忘れて郵送しないようにしましょう。

以下のページは披露宴の招待状について説明したページですが、発送のタイムスケジュールなどについては参考にできると思います。

 

参照

招待状の作成と発送を安く早く行う方法

 

食事会の招待状に同封すると喜ばれるもの

 

通常は上記のような封書のみで構いませんが、

 

  • 自作の会場までの地図
  • ベストなものとしては会場のパンフレット(行き方がわかるようなもの)

 

も同封すると便利になります。

会場予約の際にこのパンフレットは入手しておくと親族に適切な気を使っていると評価が上がる場合もあります。

 

食事会への招待状の形式

 

上記のような招待状をどのように送るのかということも1つ悩ましいところではあります。

常識的には

 

  • 封書で送る
  • ハガキはなるべき避ける

 

という形が無難とされています。

またたとえば新郎新婦の両親に話を聞いて、特に電話で出欠連絡をしても良いというように言われる場合もあるかと思います。

その場合には新郎新婦で手分けするなどして、電話で出欠確認しても構いません。

結婚式の準備で役に立つサイト

ゼクシィ広告


ブライダル業界では大手であるゼクシィが運営しているサイトです。
全国の式場から検索ができます。
予約まで行えば10,000円の商品券の特典があります。
⇒ ゼクシィはこちらから



ゼクシィ ブライダルリング


やはりゼクシィが運営するブライダルリングサイトです。
一気に多くの指輪ブランドを見ることができます。
来店予約してから訪問するので、混雑とは無縁に指輪を見ることができます。
⇒ ゼクシィ(ブライダルリング)の評価はこちらから


スポンサード リンク


結婚式って高いとあきらめていませんか?


結婚式って高いとあきらめていませんか?