挙式と食事会の結婚式で友人を呼ぶのは非常識?

 

通常は

 

  • 挙式
  • 披露宴

 

と結婚式をするのがメジャーかもしれませんが、最近は挙式とその後は食事会だけというような披露宴を省略してしまう結婚式が多くなっています。

このような場合にごく親しい友人だけでも招待したいと思うわけですが、親族中心の食事会に友人を招待するのは非常識になるのかについて今回は説明をしたいと思います。

 

挙式にだけ友人を呼ぶ

 

披露宴でなく食事会という場合には、親族中心の食事会になる場合が多いと思います。

この場にさすがに友人は呼べないということで挙式だけ友人を招待したいという場合もありますが、あまり評判は良くないかもしれません。

少し考えてほしいのですが、友人は挙式だけでも以下のような行動をとるわけです。

 

  • 当日のためにヘアメイクや着付けなどもする
  • ご祝儀も相場通りに包む

 

この上で食事会に出席しないとなれば何か釈然としない気持ちになるのも理解できるかと思います。

以下のページにも紹介をしていますが、披露宴でなく食事会という場合でも友人のご祝儀の相場は3万です。

つまり通常の披露宴と同額になりますが、たとえば少なく1万などと包むことも気が引けるものです。

挙式だけ招待したいという場合にはこのあたりも注意したいところです。

 

参照

結婚式は食事会のみ その費用は格安?

 

食事会の場合には友人とは個別の会食が常識?

 

食事会に呼べるというわけではない場合には、

 

  • 親族とは挙式後の食事会をする
  • 友人とはまた別の日に会食をする

 

というパターンも多いです。

友人との会食では新郎新婦の友人を一緒に集めて合同会食でも特に問題はありません。

ただし新郎新婦の年齢に大きな差があったり、また友人の年齢層に差があるという場合には別々に会食をしても良いでしょう。

友人を大勢集めて会食というのが目立つので好きでないという場合には

 

  • 徐々に個別に友人グループごとに会食する
  • バーベキューなどカジュアルな形式で顔合わせをする
  • 自宅に少しずつ友人グループを集めて食事会をする

 

というような形式もあります。

 

食事会と友人の招待ではどう考えるべきか?

 

上記のように挙式後の親族のみの食事会に友人を招くのはいくつか無理があるということになります。

もし仮にごく親しい友人だけ招待して

 

  • 親族のみと通知していてその通知と矛盾してしまう
  • 数人だけ食事会に招待された友人とそうでない友人との線引きが周囲に不信感を与える
  • 自分の側の友人を呼ぶのであれば相手の友人も呼びたいという話になりかねない
  • 本来目立つのが嫌というような理由で食事会にしているのにもともとの趣旨とずれてしまう

 

このような矛盾や結婚後の人間関係への影響も出てこないとも限りません。

それでもあえて友人を招待するというのであれば小規模でも良いので披露宴にするという方法のほうが良いかもしれません。

披露宴の費用も最近は安くできるところもありますし、また無駄なところを節約して予算内でできないわけでもありません。

 

参照

披露宴会場は7つのパターンから選べる

結婚式の費用を安くする7つの節約法

結婚式の準備で役に立つサイト

ゼクシィ広告


ブライダル業界では大手であるゼクシィが運営しているサイトです。
全国の式場から検索ができます。
予約まで行えば10,000円の商品券の特典があります。
⇒ ゼクシィはこちらから



ゼクシィ ブライダルリング


やはりゼクシィが運営するブライダルリングサイトです。
一気に多くの指輪ブランドを見ることができます。
来店予約してから訪問するので、混雑とは無縁に指輪を見ることができます。
⇒ ゼクシィ(ブライダルリング)の評価はこちらから


スポンサード リンク


結婚式って高いとあきらめていませんか?


結婚式って高いとあきらめていませんか?