結婚式は食事会のみ その費用は格安?

 

結婚式では

 

  • 挙式
  • 披露宴

 

とセットでやるのが当然と思われてきましたが、最近は挙式のみを式場で行い、その後披露宴ではなく食事会をするというカップルも増えてきています。

もともと披露宴というのは相手の家族や友人などへの顔合わせという意味なので、規模や豪華さは関係なく本来の趣旨は満たしているといって良いのではないかと思います。

個人的には食事会でも十分だと考えています。

 

食事会の内容とは?

 

披露宴となればある程度定番のプログラムがありますが、食事会は最近出てきたものなので正式な(?)ルールや定番のプログラムというものはないといって良いでしょう。

ただよく行われている内容としては以下のようになっていて、どこまで凝るのかは別にすれば披露宴と大差はないといえます。

あとはどこまで採用していくかとなります。

 

  • 迎賓(新郎新婦が食事会の会場の入り口で迎える)
  • 新郎新婦による結婚の報告
  • 乾杯
  • 親族や家族紹介
  • プロフィールビデオを作る
  • 感謝の言葉
  • ケーキカット
  • 両親への花束贈呈(またたプレゼント)
  • 相手の親との歓談

 

演出としては

 

  • BGMをかける
  • ピアノ演奏を入れる

 

など会話が盛り上がりそうになければこのようなさりげない演出をしても良いと思います。

他に司会者だけ入れるというようなカップルもいます。

司会者やカメラマンなどは個別に契約すれば案外安くその日サポートしてもらえます。

 

食事会でも引き出物は必要?

 

食事会といえばただ食事をともにするだけというようなイメージですが、実はそうでもありません。

 

  • 招待状を発送する
  • ご祝儀を受ける
  • 引き出物やプチギフトなどお返しも用意する
  • 写真撮影もする

 

とちょっとした披露宴のプログラムや準備と変わらないようなシステムを採用するカップルも多いのです。

 

食事会にかかる費用はどの程度安いのか?

 

一般に披露宴でなく食事会にすれば費用を抑えることができると思うものです。

食事会の会場にもかなり左右されますが、

 

  • 親族7人での食事会  20万円前後
  • 親族15人での食事会 40~50万前後

 

というようなところが多いようです。

この中には写真撮影費用なども含み、トータル費用となっています。

ちなみに友人などが参加する場合だと食事会となれば、ご祝儀はどの程度の金額を包めば良いのだろうとよく迷うのですが、一般的には通常の披露宴と同額包むのが常識的です。

つまり親族だと5万、友人だと3万などとなります。

上記の相場と比較すればわかりますが、披露宴と比較すればカップルに利益が出る場合も多いということです。

そのため食事会の会場はグレードもよく考え、結婚後の人間関係に支障が出ないようにしていきましょう。

通常披露宴をすれば以下のページでも説明をしていますが、50万~100万程度の赤字が出ることになります。

親、相手ともよく相談し、大きなご祝儀の利益が残らないようにするのが礼儀かもしれません。

 

参照

結婚式でのご祝儀の相場や平均額はどの程度か?

結婚式費用の相場を招待客の人数ごとに検証してみた

結婚式の準備で役に立つサイト

ゼクシィ広告


ブライダル業界では大手であるゼクシィが運営しているサイトです。
全国の式場から検索ができます。
予約まで行えば10,000円の商品券の特典があります。
⇒ ゼクシィはこちらから



ゼクシィ ブライダルリング


やはりゼクシィが運営するブライダルリングサイトです。
一気に多くの指輪ブランドを見ることができます。
来店予約してから訪問するので、混雑とは無縁に指輪を見ることができます。
⇒ ゼクシィ(ブライダルリング)の評価はこちらから


スポンサード リンク


結婚式って高いとあきらめていませんか?


結婚式って高いとあきらめていませんか?