お色直しなしの評判は?安っぽい?好印象?

 

昔の結婚式だとお色直しの回数はかなり多くとるものが常識的でした。

たしかにお色直しは豪華で華やかに見えるかもしれませんが、最近回数は減少傾向にあります。

もちろん結婚式費用を無駄にかけたくないという節約の考えもあるかもしれませんが、そればかりでもありません。

お色直しには回数が増えるほどデメリットもあるのです。

 

お色直しの招待客に与える心理的効果

 

お色直しは招待客にどのような印象を与えるのでしょうか?

 

  • 豪華
  • 綺麗
  • 華やか

 

などという肯定的な印象もある反面、

 

  • 新婦が会場にいる時間が短い
  • なぜお色直しをするのか意味がわからない
  • 特に衣装に興味はない

 

といった否定的な側面もあります。

特に男性だと衣装に興味はありません。

自分の結婚式で新婦が着ているドレスや衣装にもさほど興味がない場合もありますし、まして他人の新婦の衣装は記憶に残らないという場合もあります。

招待客でも女性であれば衣装にも目が行くかもしれません。

またお色直しなしという場合には節約をしていると考えられてしまうこともあります。

ただしアンケート結果によればお色直しなしについて女性からの感想としては

 

  • 衣装の主張を押さえていて好印象(特に料理に費用を使っていればなお印象が良くなる)
  • 衣装代を節約しているのかな?

 

というような意見に分かれるようです。

女性では前者の感想のほうがやや多めではあるようですが、後者の人も3~4割り程度いたように記憶しています。

 

お色直しの平均回数

 

お色直しの平均は

 

「1~2回」

 

といわれています。

つまり1回という人が一番多く、次に2回という人が多いということです。

3回という人もまれにいますが、衣装代や中座時間の長さを考えると到底おすすめしません。

まず最高でも2回までにするべきといえるでしょう。

平均すれば1回のお色直しに約20万かかるとされていますが、この費用相場も頭に入れて回数は考慮していかないといけません。

 

お色直しなしでの工夫と衣装スタイル

 

費用的にどうにもならないという場合にはお色直しなしでも良いと思います。

ただその場合には見せ方を上手にしていくと良いでしょう。

たとえば

 

  • ヘッドドレスを変えるなど小物で印象を変える
  • 気に入ったドレスなので着替えたくない
  • 仏式で白無垢なのでお色直しはなし

 

など理由があればお色直しがなしでも特に何も思われないと思います。

 

参照

披露宴でのお色直しの回数を減らすべき3つの理由

 

お色直しなしと間を持たせる演出

 

個人的な理想をいえばお色直しは1回かなと思っています。

それは節約したと思われないというわけでなく、披露宴の間を持たせるという意味もあります。

平均すれば3時間というような披露宴が多いのですが、お色直しなしですと途中に間ができてしまう場合もあります。

もちろんプログラムが充実していれば特に問題もないのですが、プログラムや演出や余興の数が少ないと間が持たないということも起こります。

このような場合には

 

  • キャンドルサービスをする
  • 各テーブルを回って写真撮影をする時間を取る

 

など招待客も巻き込んで間をつぶすということも考えていきましょう。

 

招待客の満足感とお色直し

 

年配の方、あるいはブライダルプランナーだとお色直しの回数なしということはあまり歓迎されないと思います。

しかし最近は10%程度のカップルでお色直しなしで結婚式をするようになってきています。

結婚式は招待客への印象も重要かもしれません。

また結婚後の評判にも影響することもあるでしょう。

ただどのように思われようが、そこまで気にすることは必要でしょうか?

 

  • 衣装代を節約している
  • その浮いた分を料理に回す

 

といったことがあればむしろ招待客としては好印象だと思います。

特に古い年配の考えですとお色直しは絶対必要というようにするかもしれませんが、最近はそこまでこだわる理由もないのかなと思います。

どうしても評判が気になればお色直しは1回とすれば良いのかなと思います。

ちなみに以下のページで節約すれば招待客の不評を買いやすい項目を説明しています。

 

参照

結婚式の費用を安くする7つの節約法

結婚式の準備で役に立つサイト

ゼクシィ広告


ブライダル業界では大手であるゼクシィが運営しているサイトです。
全国の式場から検索ができます。
予約まで行えば10,000円の商品券の特典があります。
⇒ ゼクシィはこちらから



ゼクシィ ブライダルリング


やはりゼクシィが運営するブライダルリングサイトです。
一気に多くの指輪ブランドを見ることができます。
来店予約してから訪問するので、混雑とは無縁に指輪を見ることができます。
⇒ ゼクシィ(ブライダルリング)の評価はこちらから


スポンサード リンク


結婚式って高いとあきらめていませんか?


結婚式って高いとあきらめていませんか?