結婚式の撮影は式場にオーダーしてはいけない理由

 

当日の写真やビデオ撮影は一生に一回のことですので失敗は許されません。

方法としては

 

  • 式場にオーダーする
  • 外注してプロに依頼する
  • 友人や知人に撮影を頼む

 

というものなどがあります。

それぞれについていくつかの観点からメリットとデメリットを紹介しておきたいと思います。

 

写真か映像かを決める

 

結婚式の撮影には

 

  • 写真
  • 映像

 

の2種類があります。

以前は写真のみということで友人や知人に撮影を依頼するという方法も良かったのですが、やはり長く思い出にしたいという場合には映像で残したいものです。

子供が大きくなったときに一緒に映像で楽しむこともできます。

そのため個人的には写真とともに映像も記録してもらうというこが良いと思いますが、映像の場合には特に撮影者の腕に大きく左右されることがあります。

まず結婚式の撮影では写真、映像のどちらか、または両方とも記録するということを決めていきましょう。

 

費用と撮影方法を検討する

 

式場に撮影すれば10万から20万程度の費用がかかります。

そして外注すれば5万円程度が相場となっています。

随分と開きがありますが、これは式場のマージンの関係といって良いと思います。

式場から提携先のカメラマンに発注が行きますが、そこに式場のマージンが10万円程度上乗せされるということが高い費用につながっています。

ですので個人的には外注することがベストだと思います。

外注での問題点としては

 

  • 持ち込み費用を式場に請求されてしまうこともあること
  • 式場によっては外注を断るところもあること

 

ということです。

式場と契約するときには別のページでも記載していますが、カメラマンも含めた持ち込み費用の高低というのは非常に重要であることがわかります。

 

参照

結婚式の費用を安くする7つの節約法

 

外注カメラマンの費用が安いということですが、カメラマンの取り分としては式場のカメラマンとほぼ同水準ですのでノウハウや腕に大きな差があるわけではありません。

むしろ外注のほうが高品質ということもあるくらいです。

 

費用とともに注意したい記録データの取扱い

 

式場のカメラマンには費用が高い以外にもデメリットが多いこともあります。

 

  • 撮影枚数が決まっていて、それ以上となれば追加費用が発生することもある
  • 焼き増し費用が高いこと

 

です。

上記で費用の目安を紹介しましたが、さらに式場のカメラマンの場合上乗せ費用が生じることもあるということです。

外注のカメラマンでも中には同様の料金体系となっていることもあるかもしれませんが、以下の点を確認しておくと費用面で失敗はしないと思います。

 

  • 撮影枚数の上限がるかどうかの確認
  • ネガデータを譲ってもらえるかどうか?

 

です。

デジカメの場合、ネガデータがれば後で焼き増しは一般の写真と同料金で一般の写真屋さんでできます。

招待客の人数が多いほど焼き増し枚数も多くなりますが、この点は外注のカメラマンに大きなメリットがあるといって良いと思います。

 

友人や知人に撮影を依頼するのはやめよう

 

さらに安くするにはやはり友人や知人に撮影を依頼することです。

しかし

 

  • 品質に不安があること
  • 撮影を依頼した人に負担がかかること
  • もし撮影に失敗していても文句もいえないこと
  • 失敗しても撮り直しはできないこと

 

とこのような理由からあまりおすすめはできません。

また友人や知人に依頼するといってもタダではありません。

心づけといって5000~1万円程度は包むことが常識的ですし、万一撮影に失敗していればその後の関係にも傷が入ることもあります。

 

参照

心づけとお車代の相場と渡すべき相手のリスト

結婚式の準備で役に立つサイト

ゼクシィ広告


ブライダル業界では大手であるゼクシィが運営しているサイトです。
全国の式場から検索ができます。
予約まで行えば10,000円の商品券の特典があります。
⇒ ゼクシィはこちらから



ゼクシィ ブライダルリング


やはりゼクシィが運営するブライダルリングサイトです。
一気に多くの指輪ブランドを見ることができます。
来店予約してから訪問するので、混雑とは無縁に指輪を見ることができます。
⇒ ゼクシィ(ブライダルリング)の評価はこちらから


スポンサード リンク


結婚式って高いとあきらめていませんか?


結婚式って高いとあきらめていませんか?