結婚での支度金は○万円以上からお返しをするのが常識?

 

結婚式までに

 

  • 略式結納
  • 正式結納

 

などを行うことが昔は常識でした。

最近は儀式を省略することも多いですし、金銭的な問題もあって結納は省略される傾向にあります。

結納の代わりに食事会を開催して、結納に替えるという方法も非常に多いといえます。

 

参照

結納をせずに顔合わせの食事会をする

 

結納金では平均的に80万程度のお金が新婦の親に贈られます。

新婦側としてはこの結納金に半返しするのが常識となっています。

ただし今回のように結納をしないという場合には支度金だけでもというような話の流れになることもよくあります。

この支度金では半返しをしなければいけないのかどうかは非常に迷うところではないかと思います。

 

結婚の支度金には正式なルールはない

 

上記のように結納という場合には昔からルール化されているところもあるので明確です。

結婚時の支度金についてはこの点、歴史もまだ少なく明確なルールというものはありません。

ただ支度金をいただいたたとえば相手の親に失礼にならないように以下に沿って対応していくと良いと思います。

 

支度金のあるなしは誰が決める?

 

ルールはないということなので、原則として支度金のルールについては結納を参考にしていくと良いと思います。

支度金のまずあるなしについてですが、結納を参考にして

 

  • 新婦やその親の支度金の考えを聞く
  • 新婦の親が支度金を必要とするのであれば新郎側で用意する

 

というような流れとなるということです。

ただし新郎側の家庭にも事情があるので、どうしても支度金が用意できないようであれば臨時に対応していくしかありません。

場合によっては新婦側が支度金なしで我慢するということも必要となります。

 

結婚の支度金への考え方

 

上記のように結納金のおよその相場は80万程度から100万といえます。

この水準の支度金であればまずお返しはするべきではないかと思いますが、支度金という場合には金額的にもう少し低くなるのではないかと思います。

そのため1つの目安として支度金の金額からお返しについて決めていくのも方法だといえます。

主なお返しについての判断をする手順としては

 

  • 自分に親に相談してみる
  • 結婚相手にも相談する
  • 50万以上かどうかでも考える

 

このような手順で支度金については考えていくと良いと思います。

私個人の考えとしては50万以上だとお返しをし、それ以下の場合にはプレゼントをお返しに替えるという方法で良いのではないかと考えています。

 

結納金と支度金の使用用途の制限

 

結納金も正式に使用用途が決まっているわけではありません。

ただし新生活の援助やサポートという意味合いはあるかと思いますので、支度金についてもおよそ同様に考えると良いでしょう。

 

  • 結婚式の費用
  • 新生活の引越し
  • 家具や家電
  • その他生活に密接する費用対策

 

一番しっくりくるのは結婚式の費用にというパターンだと思いますが、

 

  • 結婚式はしない
  • 結婚式は自分たちの貯金で足りる

 

という場合に上記のような生活資金に充てるということで良いといえるでしょう。

結婚式の準備で役に立つサイト

ゼクシィ広告


ブライダル業界では大手であるゼクシィが運営しているサイトです。
全国の式場から検索ができます。
予約まで行えば10,000円の商品券の特典があります。
⇒ ゼクシィはこちらから



ゼクシィ ブライダルリング


やはりゼクシィが運営するブライダルリングサイトです。
一気に多くの指輪ブランドを見ることができます。
来店予約してから訪問するので、混雑とは無縁に指輪を見ることができます。
⇒ ゼクシィ(ブライダルリング)の評価はこちらから


スポンサード リンク


結婚式って高いとあきらめていませんか?


結婚式って高いとあきらめていませんか?