会費制だと自己負担はゼロ?会費制結婚式の実際

 

あまり貯金がないという場合に考えることが出てくるのが会費制の結婚式です。

 

  • ご祝儀 ご祝儀の相場は3万で半返しが常識
  • 会費制 会費は安く、その代わりに引き出物などのお返しが原則ない

 

ということで会費制はある意味では合理的ともいえますが、貯金があまりない場合には自己負担がどのようになるのかが重要ではないかと思います。

 

会費制結婚式の自己負担の実際

 

招待客の人数、そして親戚や親しい人の参加人数によっても大きく違いますが、

 

「会費制のほうが新郎新婦の自己負担額は大きくなることが多い

 

と考えて良いと思います。

ご祝儀というのは3万がご祝儀の相場となります。

半返しが相場とされますが、実際には3万のうちの1万強が引き出物やプチギフトとしてお返しする部分に当たります。

 

参照

迷惑がられない引き出物とプチギフトとは?

 

つまり2万円弱は結婚式の運営費用に賄うことができます。

一方で会費制の場合には1万から1万5千円が会費の相場となります。

 

参照

会費制結婚式の金額の上限と引き出物とのバランス

 

このように1人1人の招待客のご祝儀と会費とを比較すれば会費制のほうが自己負担の多いことがわかると思います。

 

会費制は自己負担がゼロになる?

 

なぜか会費制をしようという場合には貯金が少ないというカップルが多いようです。

しかし内情を少し計算してみれば自己負担がゼロになったり、利益が出るようなものではないことがわかります。

自己負担をゼロにしようとして

 

  • 食事会のようにしてしまう
  • 料理のグレードを下げる

 

などをすればやはり相当に貧弱な結婚式となってしまいます。

結婚式ではお金や費用も重要ではありますが、結婚後の付き合いの問題もあります。

むやみに節約するのでなく、後述しますように招待客の目に入るところは豪華し、そうではないところを節約するといったメリハリのきいた方法を採用していくと良いと思います。

 

貯金が少ないときの会費制結婚式の鉄則

 

もし冒頭のように貯金があまりなくて、会費制で結婚式をしたいという場合にはいくつか守るべきことがあると考えます。

それは

 

  • 式場はレストラン、ゲストハウスなど比較的費用の安いところにすること
  • 招待客はあまり多くしないこと
  • 持ち込み、日取りなどで結婚式を合理的に安くすること

 

などです。

計算していてどうしても合わないので料理のグレードを下げる、ドレスのグレードを下げるなどと節約をしたくなるのはわかります。

しかしこれらは招待客の目に入りやすいところですし、特に料理や飲み物は五感に直接触れるので不評の原因と非常になりやすいところでもあります。

会費制は少人数にしても自己負担が増えることもあります。

ただし会費の金額は1万5千円を超えると高いと思われてしまうのでそれ以上にはできにくいです。

そのため持ち込みができる、また日取り調整をする、交渉するといった方法で効果的に式場を選んでいく必要があります。

とはいっても安くしてほしいでは安くならないのがブライダル業界です。

以下のページに方法について詳しく解説をしていますが、ブライダル業界の内情を踏まえて交渉しようと思えば以下のページの内容は知っておくと良いと思います。

 

参照

結婚式の費用を安くする7つの節約法

 

会費制と自己負担への考え方

 

ご祝儀制にしても自己負担がいくらか出るのは避けることはできないという場合もあります。

一般的には会費制のほうが自己負担額は大きくなりやすいのですが、重要なことは招待客へ感謝の気持ちをどの程度示せる結婚式になっているかということです。

自己負担が会費制でもご祝儀制でも100万を超えて、200万未満というのはよくあることですから、あとは感謝の気持ちをどの程度示したいのかという観点からも結婚式は考えていってほしいところです。

結婚式場のいうように豪華な挙式にしなければいけないということでなく、招待客の食事など満足度につながるところをむやみに節約せずに、目立たないところをさりげなく節約し、貯金以内に自己負担を抑えるという方法を採用していってほしいと思います。

ちなみに人数ごとのご祝儀制での自己負担金については以下のページで説明しています。

 

参照

結婚式費用の相場を招待客の人数ごとに検証してみた

結婚式の準備で役に立つサイト

ゼクシィ広告


ブライダル業界では大手であるゼクシィが運営しているサイトです。
全国の式場から検索ができます。
予約まで行えば10,000円の商品券の特典があります。
⇒ ゼクシィはこちらから



ゼクシィ ブライダルリング


やはりゼクシィが運営するブライダルリングサイトです。
一気に多くの指輪ブランドを見ることができます。
来店予約してから訪問するので、混雑とは無縁に指輪を見ることができます。
⇒ ゼクシィ(ブライダルリング)の評価はこちらから


スポンサード リンク


結婚式って高いとあきらめていませんか?


結婚式って高いとあきらめていませんか?