会費制結婚式の金額の上限と引き出物とのバランス

 

ご祝儀制とともに会費制結婚式というものがあります。

ご祝儀となれば招待客が任意にご祝儀の金額を決めるのですが(とはいっても日本の相場としておよそ3万というものはありますが)、会費制の場合には金額設定を新郎新婦が行わないといけません。

この金額設定を間違えると招待客にひんしゅくを買う結婚式となってしまうこともあるので注意しなければいけません。

 

会費制結婚式の金額相場

 

もともと北海道を中心に会費制結婚式が浸透していましたが、今は本州でも割合行われるようになってきました。

 

参照

北海道のみある結婚式の会費制は損?

 

会費制というのも会費の金額の相場というのは一応固まりつつあります。

 

1万5千円から1万円前後

 

これが会費金額の相場といえるでしょう。

1万5千円だとほぼ最高クラスとなりますが、この金額でも問題はありません。

ただし料理のグレード、また引き出物などのお返しで工夫していくと失笑されることもないと思います。

 

会費制結婚式に向く人

 

従来のご祝儀といえば、相場の3万のご祝儀を受け、その代わりに引き出物やプチギフトをお返しするということになります。

ただし会費制では会費も最高で1万5千円と安くしている代わりに

 

  • 式場のグレードも下げる(レストランやゲストハウスなど)
  • 小規模挙式をする
  • お返しをしない

 

ということで会費を安く設定できることになります。

 

参照

披露宴会場は7つのパターンから選べる

 

ちなみに会費が1万円という場合には立食ビュッフェ形式が多いと思います。

 

式場のおすすめと会費制の矛盾

 

会費制という場合でも式場のプランナーにいろいろと相談をしたり、アドバイスを受けることになります。

ただブライダルプランナーによっては会費制の相場を高くアドバイスする場合もあるようです。

たとえば

 

「会費制の金額相場は2万円です」

 

というようなやや根拠に欠ける金額提案をし、新郎新婦も知らないまま2万に設定をするという場合もあるようです。

あとで会費制の相場を知り、失礼なことをしたと後悔するパターンがこれに該当します。

招待客に結婚式に何度か参加している人がいれば違和感を持たれる場合もあるかもしれませんが、そうではない場合には参加してくれていればそこまで意趣は持たれていないはずです。

実際に結婚式で儲けているという意識も特に持っていないのであればそこまで問題にしなくても良いと思います。

 

会費金額と引き出物とのバランス

 

会費というのは

 

  • 1万円
  • 1万2千円
  • 1万5千円

 

という場合が多いと思いますが、それぞれの金額で引き出物やプチギフトをどうするのかも悩みやすいところではあります。

1万円の場合には迷わずにお返しはないで良いと思います。

逆に1万5千円だと引き出物をお返しするのが礼儀といわれています。

間の1万2千円のような場合が一番悩みやすいのですが、個人的にはプチギフトをつけるくらいで良いのではないかと考えています。

 

参照

迷惑がられない引き出物とプチギフトとは?

 

会費制とお祝いの気持ち

 

本州では会費制にしていてもそれのみ包むというわけにはいかない人もいることも想定しておかないといけません。

つまり

 

  • 会費
  • ご祝儀のようなお祝い

 

とを両方包むという感じの人もいるということです。

冒頭でもご祝儀3万という相場もあるので、会費が1万5千円と設定していれば残りの1万5千円をお祝いとして包むという方もいます。

この点も考えると会費金額があまり1万5千円を超えるのは良くないことがわかります。

つまり会費2万としてしまうと、お祝い1万というわけにもいかないので結果としてご祝儀よりも高く負担をかけてしまう場合も出てくるとなります。

またこのように会費と別にご祝儀も包む方もいるので、引き出物は用意しておくべきといえるわけです。

また会費制という場合には特に結婚式費用を安くしたり、上手に節約していくことも必要となってきます。

以下のページに説明を詳しくしていますので参考にしてみてほしいと思います。

 

参照

結婚式の費用を安くする7つの節約法

結婚式の準備で役に立つサイト

ゼクシィ広告


ブライダル業界では大手であるゼクシィが運営しているサイトです。
全国の式場から検索ができます。
予約まで行えば10,000円の商品券の特典があります。
⇒ ゼクシィはこちらから



ゼクシィ ブライダルリング


やはりゼクシィが運営するブライダルリングサイトです。
一気に多くの指輪ブランドを見ることができます。
来店予約してから訪問するので、混雑とは無縁に指輪を見ることができます。
⇒ ゼクシィ(ブライダルリング)の評価はこちらから


スポンサード リンク


結婚式って高いとあきらめていませんか?


結婚式って高いとあきらめていませんか?