ジューンブライドの本当の意味と招待客に不評な理由とは?

 

現在の日本では

 

「結婚式といえば6月」

 

というようにジューンブライドという考え方が定着しています。

6月に結婚式を上げれば幸せになれるという理由から来ていますが、実際のところ日本においては6月に結婚式をあげるべきかといえば個人的にはどうかと思います。

 

ジューンブライドの本当の意味とは?

 

ジューンブライドとはもともとヨーロッパからきている概念とされています。

その意味とは

 

  • ヨーロッパでは農繁期が5月までで暇な6月に結婚式をする人が多かった
  • ヨーロッパでは6月の天気が安定していること
  • ローマ神話の「JUNO」からきているという説

 

というようなものといわれています。

JUNOとは英語の6月であるJUNEに由来して6月が結婚式にベストで、ジューンブライドになれば幸福になれるといわれています。

 

日本の6月の気候とジューンブライド

 

もともと日本では6月の結婚式はあまり多くもなかったですし、人気もありませんでした。

日本では6月は梅雨に入り、正直うっとうしい季節になります。

もともと6月に結婚式をする人は少なかったので、ブライダル業界が昭和ごろに戦略的に「ジューンブライド」を広めたといわれていますが、その関係もあって今では結婚式といえば6月というようにいわれています。

また平成になって日本では急にハロウィンが広まりましたが、これもステマ的に10月に特に行事もなく消費が低迷するので用意されたものといわれています。

 

6月に挙式するべきでない理由① 悪い思い出になりやすい

 

しばしば結婚式をした後に、

 

「当日は雨で今でもしっくりきていない」

 

というような感想を持つ新婦に出会うこともあります。

もともと日本は雨の多い国といわれていますが、結婚式という門出が雨という場合には後々まで悪い思い出として残る場合もあります。

できれば快晴に一生の晴れ舞台を迎えたいものです。

特に最近ではオリジナル会場といってテーマパークや船上、ビーチ挙式がはやっていますが、このような場合には挙式プログラム自体を変更し室内になってしまいます。

かなり当日の印象も変わり失望することも多くなります。

 

6月に挙式するべきでない理由② 費用が高くなる

 

あまり知られていませんが6月は結婚式の費用が高くなる時期といえます。

理由はシンプルで日本ではジューンブライドということで結婚式をあげたい人が増えるからですが、この場合にはデメリットがいくつかあり

 

  • 結婚式費用が割高
  • 当日トイレや控室などの施設を自由に使えない

 

などです。

式場が繁忙期で混雑していてかなり窮屈な思いや、不愉快なこともありえるということです。

ジューンブライドにこだわることで当日は不愉快さもあって悪い思い出になってしまうこともあるということです。

 

参照

結婚式の料金が高い時期を知っておこう

式場の下見でチェックしたい7つのポイント

 

6月に挙式するべきでない理由③ 招待客の評判

 

結婚式は人間関係の整理ともいわれますが、ジューンブライドにこだわり雨の挙式となれば招待客の不評をかってしまう場合もあります。

あまり雨の休日に移動したくないのは誰も同じで、本人も雨の挙式は避けたいのですが、同時に招待客からも雨の休日の参加を嫌がられてしまう場合もあります。

 

カップルと招待客から見て理想の挙式時期とは?

 

もともとヨーロッパの考えから来ているジューンブライドに特に乗っかる必要もないと思います。

どうしてもジューンブライドにあこがれるという場合以外は天気や気候の良い時期を選ぶほうが思い出的にも費用的にも良いのではないでしょうか?

最近のカップルの傾向としてはジューンブライドをあえて避けて、

 

  • 9月
  • 10月

 

といった暑くも寒くもない時期を選ぶ人も多くなってきています。

結婚式の準備で役に立つサイト

ゼクシィ広告


ブライダル業界では大手であるゼクシィが運営しているサイトです。
全国の式場から検索ができます。
予約まで行えば10,000円の商品券の特典があります。
⇒ ゼクシィはこちらから



ゼクシィ ブライダルリング


やはりゼクシィが運営するブライダルリングサイトです。
一気に多くの指輪ブランドを見ることができます。
来店予約してから訪問するので、混雑とは無縁に指輪を見ることができます。
⇒ ゼクシィ(ブライダルリング)の評価はこちらから


スポンサード リンク


結婚式って高いとあきらめていませんか?


結婚式って高いとあきらめていませんか?