結婚資金の平均と節約できるところはどこかを考える

 

結婚式は日本人の3人に2人程度が挙げると言われています。

その費用は一生に一度ということでついつい足が出るようになりがちですが、平均額は最近は年々上がっているとされています。

ずばり日本人の結婚資金の平均は

 

「約411万」

 

と言われています。

だいたい日本人の平均年収とも匹敵するような水準といえますが、節約できるところは節約していけば良いと思います。

たしかに節約しにくい項目もありますし、下手に節約すればいかにも費用を節約したとイメージされてしまうような結婚式となってしまいます。

いかに上手に節約したとイメージされないようにうまく節約するかがポイントといえるでしょう。

 

結婚資金の内訳

 

婚約での費用

 

結納の平均は130万前後と言われています。

最近では結納をしないカップルもかなり多いので、節約しようと思えばできる部分といえます。

結納を省略する場合には、両家の両親を招待して食事会をすることが多いです。

通常結納を省略しても食事会はするカップルがほとんどで、何かの両家の顔合わせも含めたことは行うことが多いといえるでしょう。

 

  • 結納金         約80万
  • 結納品         30万前後
  • 結納の食事代      一人8000円程度
  • 婚約指輪や婚約記念品  それぞれ30万程度

 

婚約指輪は男性から女性に贈るものですが、婚約記念品というのは女性から男性に贈るものです。

 

挙式と披露宴での費用

 

挙式では平均300万強の費用がかかると言われています。

また招待客の平均人数は70人強とされ、これだけの人数を招待して300万くらいはかかるのが平均とされています。

ただしご祝儀もあるので全額持ち出しということは少ないので、実際の負担額はこれよりも少し低くなるといえるでしょう。

 

  • 挙式料         約20万
  • 結婚指輪        1人10万程度
  • 新郎新婦の衣装代    2人で計50万程度
  • 会場使用料       20万程度から
  • 料理や飲み物      一人15000円程度
  • 装花          10から15万程度
  • ブーケ         約3万円
  • 引き出物        一人5000円程度
  • 挙式当日の写真撮影   15万以上から
  • ブライダルエステ    5万円から10万円程度

 

これらは基本的にはすべて式場で用意したり手配もしてもらえます。

しかし式場のマージンが乗った費用となるので、基本的には割高といえます。

安くするには外注をして、式場に頼むのではなく、自分たちで手配するということが必須といって良いでしょう。

そのときに注意したいのは持ち込み費用が高い式場かどうかということです。

外注をして持ち込みできないとか、持ち込み費用が高いのは基本的にはやはり費用が高くつく式場といって良いでしょう。

つまり式場を選んだ段階である程度は結婚式の費用が決まってくるということで、式場選びが非常に重要であることがわかります。

 

参照

結婚式の費用を安くする7つの節約法

 

ハネムーンや新居への引越し

 

ハネムーンの平均は60万前後といわれていて、新居への新生活の準備費用には150万ほどが平均とされています。

 

  • ハネムーン旅行費    約50万円
  • ハネムーンおみやげ代  10万円程度
  • 家具や家電用品     70万円程度
  • 引越し費用       5万から10万円前後
  • 敷金や礼金       約30万円程度から

 

新居に引越しするのは必要であれば仕方がない費用といえますが、ハネムーンは予算と相談をしてやめるというのも選択肢の1つといえます。

また国内へのハネムーンにすれば費用はかなり安くなってきます。

 

ご祝儀も考えて結婚資金は決める

 

ご祝儀の平均は3万円前後といわれています。

つまり招待客の人数次第でも大きく持ち出し費用は違ってくるということです。

たとえば上記のような平均額では、招待人数が約70人となっています。

つまり

 

3万円 × 70人 = 210万円

 

のご祝儀が入るわけですが、411万円から210万円を差し引いた約200万円が自分たちが負担するべき金額といえます。

招待人数が増えるほど結婚資金総額は大きくなりますが、逆に持ち出し金額が小さくなることもあります。

 

結婚資金が足りないときには

 

自分たちの資金やご祝儀だけではどうしても資金が足りないということもあります。

この場合、結婚式のグレードを下げて資金内で行うということも1つの方法です。

あとは

 

  • 親に多少の援助を頼む
  • 銀行にブライダルローンをつけてもらう

 

という方法もあります。

親のほうは誰でも思いつく方法ですが、ローンのほうは知らないという方も多いかもしれません。

所得に応じてローンがつく金額も変わってきますが何かと物入りな結婚式では非常に重宝するといえます。

結婚後に生活に影響しない程度でローンを利用するというのも1つの方法といえるでしょう。

また結婚式の節約を考えていくことも検討して欲しいところです。

 

参照

結婚式の費用を安くする4つの節約法

結婚式の準備で役に立つサイト

ゼクシィ広告


ブライダル業界では大手であるゼクシィが運営しているサイトです。
全国の式場から検索ができます。
予約まで行えば10,000円の商品券の特典があります。
⇒ ゼクシィはこちらから



ゼクシィ ブライダルリング


やはりゼクシィが運営するブライダルリングサイトです。
一気に多くの指輪ブランドを見ることができます。
来店予約してから訪問するので、混雑とは無縁に指輪を見ることができます。
⇒ ゼクシィ(ブライダルリング)の評価はこちらから


スポンサード リンク


結婚式って高いとあきらめていませんか?


結婚式って高いとあきらめていませんか?