結婚式って高いとあきらめていませんか?

 

結婚式のいろはへようこそ。

このサイトでは結婚式を安くかつ豪華に行うための方法について紹介しています。

 

  • あまり貯金がない
  • 貯金はあるものの結婚式費用を無駄にしたくない

 

というようなカップルや親の方などに参考にして欲しいと思います。

 

結婚式のコンセプトを決める

 

自分たちの結婚式のコンセプトをまず決めよう

 

カジュアル、豪華に、神聖になど代表的なコンセプトというものがあります。

自分たちで自由に決めて良いのですが、以後式場選びから細かいアイテム選びまでこのコンセプトに従って決めていくことになります。

逆にこのコンセプトが曖昧だと何か選ぼうとするごとにぶれてしまうことがよくあります。

スタイルとしては

 

  • キリスト教式
  • 神前式
  • 仏前式
  • 人前式

 

と大きく4つあります。

ドレスを着ることができるという理由でキリスト教式が一番人気ですが、自分たちのコンセプトと合っているスタイルを選んでいきましょう。

 

参照

代表的な6つの結婚式のコンセプトとは?

4つの挙式スタイルとその選び方

 

結婚式を安く行う方法

 

結婚式の装花の相場とその節約方法とは?

 

  • 式場選び
  • 日取り
  • 式場との交渉

 

大きくいえばこの3つが結婚式費用を節約するポイントといえます。

特に式場選びは非常に重要です。

外注、自作したものを持ち込めるのか、またその持ち込み費用は安いのかということが結婚式費用に直結してきます。

 

参照

結婚式の費用を安くする7つの節約法

 

日取りについては

 

  • 平日割キャンペーン
  • 仏滅割引
  • シーズンオフ割引

 

などがある式場もありますので、挙式の日取りを調整すれば半額や何割引きなどの適用を受けることができます。

 

参照

結婚式の日取りで基準とするべき3つのポイント

結婚式を予算内に抑えてもご豪華にする方法

 

また最後に式場と費用交渉をしてもうまくいくこともあります。

この交渉は仮契約前に絶対にしなければいけません。

この後だと式場キャンセル料がかかることもあって、交渉はうまくいかないと思います。

 

参照

結婚式の値段交渉は契約前にしなければいけない理由

結婚式場の見積もりの見方と安くする交渉テクニック

 

節約しても失敗しない結婚式にする

 

招待客にとっては食事、飲み物、引き出物などを節約されれば非常に敏感に感じるものです。

また衣装や装花など目に入りやすいところを節約してもやはりケチな新郎新婦と強く印象されてしまいます。

ですので目立たずに直接招待客に不利益にならないところで節約していくのが正しい結婚式の節約方法です。

 

参照

結婚式の費用を節約して失敗する人と成功する人の違いとは?

結婚資金の平均と節約できるところはどこかを考える

 

結婚式はブライダルフェア参加からスタート

 

ブライダルフェアに行くべきタイミングとは?

 

ブライダルフェアというのは式場の下見と見積もりの両方を目的に式場が企画するものです。

結婚式のイメージをつかんだりすることも大切ですが、一番重要なことはやはり持ち込みができるのかどうかや、その費用はどの程度なのかということです。

さらには施設や料理など幅広い年齢層の招待客に適した式場かどうかのチェックです。

チェックするべきポイントはたくさんありますが、以下のページを当日はプリントアウトして持っていってください。

持ち物はメモやボールペン、そしてデジカメを忘れずに持っていきましょう。

 

参照

式場の下見でチェックしたい7つのポイント

 

招待客のリストアップとスケジュール計画の立て方

 

結婚式での招待客と人数を決める方法

 

招待客は

 

  • 親戚
  • 友人
  • 同級生
  • 会社関係者
  • 恩師
  • 近所の人

 

というカテゴリに分けてリストアップしていきます。

新郎新婦で人数をおおよそ合わせていきますが、どうしても合わない場合には人数に大きな差があっても自分たちが良いと思えば特に問題ありません。

結婚式では1年弱の準備期間を必要とします。

仕事をしながら結婚式の準備をするのは大変な時期もありますが、新郎新婦で協力してしっかりとやっていきましょう。

 

参照

結婚式での招待客とその人数を決める方法

完全対策版!結婚の理想的なスケジュールとは?

おめでた婚の理想的なスケジュールとは?

結婚式費用の相場を招待客の人数ごとに検証してみた

 

二次会、ハネムーン、引越しの準備

 

同時に二次会、引越しなどの準備も上記のスケジュール通りに行っていきます。

二次会や引越しでは節約方法があって以下のページで紹介しています。

結婚式の時期には出費も大きくなるので、結婚式本体だけではなく二次会などの費用の節約もしっかりと行っていきましょう。

 

参照

二次会の準備と4つの費用の節約方法

結婚での新居の選び方と引越し費用を安くする方法